まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
山根敏秀

企業の資金繰りや黒字化経営に精通する税務のプロ

山根敏秀(やまねとしひで)

税理士法人マネジメント/グランドリーム

お電話での
お問い合わせ
076-259-1305

コラム

私と一緒に仕事をしましょう

つれづれ

2013年5月6日 / 2018年9月23日更新

私と一緒に仕事をしませんか?
世の中をワクワクさせたいと思っているそこのあなた
あなたと一緒に仕事がしたいのです。
資格やスキルには拘りません。
拘るのはウソを言わないこと。
やる気があること。
そして、できない理由を並べないことです。



一緒に仕事をする特典は、
私が持っているノウハウを吸い取るチャンスがあるということです。
私がこれまで30年間積み重ねてきた税理士としてのスキルと
事業承継してからの10年間の経営者としてのスキル
そして、経営者と共に考え行動する経営指導のスキル
このすべてを吸い取るチャンスがあるのです。
なんてすばらしい特典でしょうか(←自分で言ってりゃ世話無いか…)

私が持っているものはモノやカネはおろか
たとえこの身の一部でさえあの世に持って行くことはできません。
ならばすべて関わりのある方々にお渡ししたいのです。

この世に全て置いて行くためには
お客様やスタッフをはじめ、私に関わる方達が
おもしろくワクワクできる、そんな職場を作る必要があります。
そのためには少なくともスッタッフは当面5名増員、
本当にやりたいことを叶えるには30名体制にしなければ
私が理想とする形にはならないように思います。



これから事務所としてやらなければならないことは
お客様が毎日でも訪ねてきたくなる事務所作りです。

・社員教育体制の整備・強化
・関与先指導体制の整備・強化
・お客様指導のスキル向上
・中堅大規模企業の支援強化
・公益性の高い法人への支援強化
・海外展開企業へのサポート体制の強化
・事業承継(M&A含む)サポート体制の強化
これらをやって行くためには今の事務所では明らかに手狭ですので
新事務所の建築も進めて行きます。

なんだか取り留めのないことをやろうとしているように見えるかもしれませんが
全て『税理士の本来業務』ばかりです。
そして、一部を除き
その業務水準は全国から一定の評価を頂く水準にあります。
それでも、これからの企業経営を守る身としては
更なる研鑽が必要であると自覚しています。

ただ漠然と毎日を過ごすのも良いかもしれませんが
私は私を生み育ててくれた両親をはじめ沢山の方々に
お返しをする人生を選ぶと決心しています。



社会の歯車になるのではなく
世の中の軸となる人(経営者やスタッフ)を育てて行きたい。
不安を抱え相談相手のいない企業様の傍に寄り添いたい。
そして共におもしろくワクワクする、そんな職場を作り上げて行きたい。

たった一度の人生です。
歯車ではなく軸になるそんな人生を過ごしたいものです。

単純な私の思考
しかし、その一つ一つの思考は間違っていないと確信しています。
出来ない理由はならべない。
ただ一生懸命に動くのではなく考えながら一生懸命に動きたい。
経営者の不安を取り除きたい。
おもしろくワクワクするために今を全力で突っ走りたい。



どうですか?
出来るようになってから応募するのではなく
私とともに育っていくのだというそんな強い決心のある方
是非ともお声かけください。
一緒に育っていきましょう。

先ずは行動に移す事のハードルを飛び越えてみましょう。
税理士として開業している方
税理士試験一部合格の方
他士業の方
勉強中の方
全く違う仕事をしている方
学生さん
先ずは応募から始めましょう。
ご応募は税理士法人泉が丘会計センター</a>までご連絡ください。
貴方の人生を一緒にプロデュースしたいと思います。

昨日よりも一歩でも前へ進みたい宣言ブログ!『日々改善』

わたしと共に中小企業の課題を解決したい方へ(採用のご案内)

この記事を書いたプロ

山根敏秀

山根敏秀(やまねとしひで)

山根敏秀プロのその他のコンテンツ

Share

山根敏秀プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-259-1305

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山根敏秀

税理士法人マネジメント/グランドリーム

担当山根敏秀(やまねとしひで)

地図・アクセス

山根敏秀のソーシャルメディア

rss
日々改善
2018-09-23
twitter
Twitter
2018-09-23
facebook
Facebook

山根敏秀のソーシャルメディア

rss
日々改善
2018-09-23
twitter
Twitter
2018-09-23
facebook
Facebook