まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
二口寛

対話によって自発的な組織づくりを支援するプロ

二口寛(ふたくちひろし)

二口経営労務マネジメントオフィス

コラム

組織における慣性の法則【組織のチカラ 第1855号】

自転車を漕ぎだそうとすると

凄い力が必要ですが、

一旦、動き始めると軽い力で動きますね。



「慣性の法則」

というものを学校時代に習いましたね。

摩擦や空気抵抗がなければ

止まっている物に力を加えなければ、そのまま止まったまま。

逆に

動いているものに、力を加えなければ、そのまま動き続ける。

難しいことは横に置いて・・・。



これ、そのまま組織にもあてはまりますね。

目標達成に向けて何かの取り組みを始めるとき、

なかなか思いが浸透せず、

メンバーが協力して、一体感をもって動き始めるまでには

ものすごくパワーが必要になります。

リーダーから何度も働きかけて、

これに取り組む意味を理解してもらう。



ここが一番、重要で、大変なのかもしれません。

ちょっと動き始めるまで、押し続けることが

企業であれば経営者やリーダー社員の

重要な役割ですね。

あきらめずに、ちょっと動き始めるまで、

辛抱することができると、

後は、人と人の相互作用によって

どんどん組織が加速していきます。

こうなってくると関わっている人たちが

楽しくなってくるものです。





こんな組織運営に取り組んでみたい経営者の方へ

━◆ セミナー情報 5月(★★ 5月開催を更新しました)  ◆━

先日、4月度セミナーを開催させていただきました。

忙しい経営者の方々にご参加いただき、

会社の将来を考える「一時停止時間」をじっくり作ってもらいました。

経営者どうしの意見交換もとても、意味深いですね。


次月も是非、どうぞ!

再・参加は無料です。将来のことを整理する時間としてご活用ください。






【社長ビジョンを浸透させて、自発的組織を作りたい経営者様へ】


対話を中心にしてビジョン浸透・自発的な組織づくりを

加速させることができます。

これを公開セミナーでお伝えしています。




「企業ビジョンがサクサク実現するリーダー社員育成 3つの極意」
   ~ 社長の思いを基軸とした一貫型経営を目指す!! ~

5月16日(水) 14:00~17:00

いしかわ総合スポーツセンター

詳細は
http://mbp-ishikawa.com/futakuchi-office/seminar/308/



◆こんなことをお考えの経営者の方へおすすめです
☑ 『企業ビジョンや価値観を社員に発信しても、なかなか伝わらない。
   何度も言っているのだけれど・・・。期待している行動レベルにリーダー社員が到達してこない。』

☑ 『そもそも、社長自身が多忙で思いやビジョンを整理する時間がとれない。』

☑ 『事業が急拡大してきたが、内部的な組織体制が追い付いていない。』 

☑ 『うちのリーダー社員(幹部社員)は自分で考えて行動する人が少ないなぁ。
   言われればやるんだけどなぁ。・・・』

☑ 『やろうと決めた取り組みが、長続きせずにいつの間にか立ち消えている。・・・』


◆セミナー概要
☑ ビジョン・価値観の基軸一貫型経営を目指す

☑ 中小企業向け 「人財」を育成する考え方と進め方 

☑ リーダーの自発性、取り組みの持続性を引き出すメソッドとは


◆このセミナーを受講すると・・・
☑ 基軸(社長の思い・考え方・将来ビジョン)が明確になります。

☑ 経営判断で迷う時間を少なくすることができます。

☑ 双方向対話を行うことで同じ価値観で、ビジョンに向かって
  リーダー社員が行動する組織づくりのコツを理解できます。

☑ リーダー社員が自ら考えて行動して、取り組みが継続する
  仕組みづくりに必要なポイントを理解できます。

☑ 組織活性化の糸口を発見できます。



↓↓
【マイベストプロ石川 に 掲載されるようになりました】

  マイベストプロ石川

  http://mbp-ishikawa.com/futakuchi-office/


↓↓
【お問合せは・・・】

  ビジョン浸透、リーダー育成、チーム運営のご相談は
  下記のメールアドレスまでお気軽にどうぞ。

       futakuchi@futakuchi-office.com



◆◇◆この「組織のチカラ」をメールにてお届けしております◆◇

 下記のURLよりご登録ください。毎朝、メールにて送信されます。
https://stupidity-ex.jp/fx3000/2

               ※登録後、簡単に解除もできます

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

この記事を書いたプロ

二口寛

二口寛(ふたくちひろし)

二口寛プロのその他のコンテンツ

Share

二口寛プロのその他のコンテンツ