まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
二口寛

対話によって自発的な組織づくりを支援するプロ

二口寛(ふたくちひろし)

二口経営労務マネジメントオフィス

コラム

「守備範囲」を確認するミーティング【組織のチカラ 2017/11/7】

部門間の役割分担を決める。

あるいは、

個人間でも責任範囲を決める。

できているようで、

できていないことが多いですね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

例えば、

営業は新規受注を取ってくるまでが

守備範囲なのか。

その後は社内の製造部隊に

引き継いだら責任範囲を全うしているのか。

あるいはもっと深く入り込むのか。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


  「守備範囲」を決める。越える柔軟性が必要。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんな認識がお互いに違っていることがあります。

認識が違っていると、自分たちはやるべきことを

やっているのに、他部署がしっかりやっていないという

他責になってしまいます。

どこまでが自分たちの守備範囲かの

話し合いをすると加速しますね。

そして、もう一つ大事なことが・・・。

守備範囲は決めるけれど、

作業負荷が高まっている時や

不測の事態は守備範囲を越えて助け合う。

こんな柔軟な気持ちも重要ですね。



子供たちのサッカーを見ていると

ポジションによって守備範囲が決まっていますが、

相手の動きによってカバーし合うような動きをしています。

ビジネスにも共通することが多々あります。



昨日はお客様先の幹部会議の進行支援でした。

「守備範囲」を確認する。

お互いの部門がどこまで担当するのかを

話し合うことで、いろいろなことが見えてきました。

重要なことは、「守備範囲」の重なりを

作ることですね。

いい感じになってきました。

↓↓
【お問合せは・・・】

  ビジョン浸透、リーダー育成、チーム運営のご相談は
  下記のメールアドレスまでお気軽にどうぞ。

       futakuchi@futakuchi-office.com



◆◇◆この「組織のチカラ」をメールにてお届けしております◆◇

 下記のURLよりご登録ください。毎朝、メールにて送信されます。
https://stupidity-ex.jp/fx3000/2

               ※登録後、簡単に解除もできます

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

この記事を書いたプロ

二口寛

二口寛(ふたくちひろし)

二口寛プロのその他のコンテンツ

Share

二口寛プロのその他のコンテンツ