マイベストプロ神戸
山本勝之

介護事業に解決志向で労務アドバイスを行うプロ

山本勝之(やまもとかつゆき) / 社会福祉士

ゆい社会保険労務士事務所

コラム

介護施設・事業所での職員への評価の注意点

2020年7月6日

テーマ:面談、人材育成・マナー

コラムカテゴリ:ビジネス

賞与を支給する時期が近づくと、
定期面談で、介護職員を評価する機会を設けているところもあります。

目標への評価や、これまでの働きでの評価を行うのですが、
ここで注意をしておく点があります。


評価を受ける介護職員も、評価を行う上司も、
評価シートに、ある時点での評価を書く場合が多いです。

目標が達成できていなかった場合であれば、
達成したかどうかを判断する時期
その時だけをみて、できなかったという
評価になっていませんか?


ある一定の期間を評価するのであれば、
その期間、頑張って取り組んだこと、
試してやってみたことも、多々あるはずです。

しかし、評価シートでは、
どのぐらい目標を達成したか?と尋ねる問いでは、
10段階評価であれば、1つだけ点をつける場合が一般的です。

頑張って取り組んだこと、試してやってみたのであれば、
その時は10段階評価の8、
他の職員とのコミュニケーションがちょっとまずかったときは
10段階評価の6など、
一定の期間を見ても、8や6など
様々な時期があるはずです。


いきなり、評価シートを変えることはできませんが、
違う点の時もなかったかを
面談で聞いてみるのも一つです。



~こちらの記事も、続けてご参考ください~
・介護職員との個別面談で必要なこと




~介護・福祉の職場をサポートしています~
メールマガジン「労務と人材育成のヒント」を毎週火曜日の朝にお届けしています。
別の内容をお届けしていますので、登録をいただき、こちらもご参考ください。
https://www.directform.info/form/f.do?id=1834

この記事を書いたプロ

山本勝之

介護事業に解決志向で労務アドバイスを行うプロ

山本勝之(ゆい社会保険労務士事務所)

Share

関連するコラム

山本勝之プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-595-9879

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本勝之

ゆい社会保険労務士事務所

担当山本勝之(やまもとかつゆき)

地図・アクセス