まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
山本勝之

介護事業に効果的な労務アドバイスを送るプロ

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

コラム

介護職員の試用期間で・・・

試用期間とは、本採用までの期間ですが、
本採用の期間と同じく、
最初から雇用保険や健康保険など加入の対象であれば、
加入が必要です。


試用期間中に、本採用ができない・・・
というような判断を事業所が行った場合であっても、
なぜ本採用できないのかを示す必要がありますし、
試用期間満了で退職してもらうためには、
解雇と同じ手続きが必要になります。


解雇の手続きとは、解雇する日の30日前に
解雇する旨を伝える(解雇予告)か、
解雇する旨を伝え、平均賃金の30日分を
職員へ支払うことが必要です。
(解雇予告の日を短くし、残日数を平均賃金の
 支払いで行うことも可能です)


このように、試用期間で退職の場合であっても、
解雇の扱いが必要になりますので、
慎重に見極め、手続きを行っていく必要があります。

ご注意ください。

~こちらの記事も、続けてご参考ください~
・介護の事業所が、職員を採用した試用期間でおさえておくべきこ
・就業規則を見せない介護の事業所ほど・・・

※現在、過去のコラムの記事を、再構成や一部修正を行っています。
ご了承ください。



~介護・福祉の職場をサポートしています~
メールマガジン「労務と人材育成のヒント」を毎週火曜日の朝にお届けしています。
別の内容をお届けしていますので、登録をいただき、こちらもご参考ください。
https://www.directform.info/form/f.do?id=1834

この記事を書いたプロ

山本勝之

山本勝之(やまもとかつゆき)

山本勝之プロのその他のコンテンツ

Share

山本勝之プロのその他のコンテンツ