まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
山本勝之

介護事業に効果的な労務アドバイスを送るプロ

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

コラム

介護職員の意識を変えるには?

意識を変えるのは、カンタンではありません。


どうしたらよいのでしょうか?

例えば、「赤色の服」というのを意識すると、
街で歩いている赤色の服を着ている人が
目がつきやすくなります。



このように、何かテーマを見つけて、
このテーマに対してどれぐらい気がつくのかを
意識してもらうというのは、いかがでしょうか?

例として、「利用者さんの笑顔」とし、
どんな笑顔があったのか、笑顔がないのはどんなとき?
など、「笑顔」をキーワードに3日間業務をしてもらい、
どんなことに気がついたのか、聞いてみましょう。


そこでは、些細なことでも、見つけたことに対して
評価、承認していくことが必要です。
(気づいたことに、メモを取ってもらうのがよいでしょう)


自らの気づきがなければ、意識は変わらないと思います。


一つの方法ですが、試してみましょう。


~こちらの記事も、続けてご参考ください~
・介護職員との面接で聞いておきたい、今後の目標と○○
・介護職員に聞く耳がもてるには

※現在、過去のコラムの記事を、再構成や一部修正を行っています。
ご了承ください。



~介護・福祉の職場をサポートしています~
メールマガジン「労務と人材育成のヒント」を毎週火曜日の朝にお届けしています。
別の内容をお届けしていますので、登録をいただき、こちらもご参考ください。
https://www.directform.info/form/f.do?id=1834

この記事を書いたプロ

山本勝之

山本勝之(やまもとかつゆき)

山本勝之プロのその他のコンテンツ

Share

山本勝之プロのその他のコンテンツ