まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
山野千恵

漢方で女性の元気を支えるプロ

山野千恵(やまのちえ)

相談薬局アール堂

お電話での
お問い合わせ
0798-33-3430

山野千恵プロのコラム一覧:免疫の力

免疫の力

2018-08-10

 夏の上手な過ごし方 漢方で夏対策しましょう!暑い夏、汗と共に「気エナルギー」と「陰の力…うるおい」が失われがちです。多量に汗をかく夏は特に「気陰両虚」による倦怠感夏痩せ、食欲不振など夏ばてを起こしやすいです。 気のエネルギー不足 ●汗をかきやすい●やる気が出ない●疲れや...

免疫の力

2018-07-27

 免疫の最前線、上咽頭 免疫の最前線、上咽頭は、腎臓病をはじめいろんな症状や疾患に関わっています。                上咽頭部(鼻咽腔、鼻咽頭)は、体の中に入っていく空気が全て流れこむ免疫の最前線です。 ノド(咽頭)の一番上・・・上咽頭 後鼻漏(こう...

免疫の力

2018-07-05

 ● 伝統食育レシピ♪ 「ピーマン」 中南米が原産といわれるナス科トウガラシ属の果菜です。コロンブスがヨーロッパに持ち帰り、もともとは香辛料として普及。それが品種改良され、辛みをなくした品種が、いまのピーマンです。日本には江戸時代、ポルトガル人によって、辛み種が伝わ...

免疫の力

2018-06-16

 伝統食育レシピ♪ 「キャベツ」 キャベツはヨーロッパが原産地のアブラナ科の野菜です。日本には江戸末期に渡来しました。晩春から初夏にかけて出回る春キャベツと、冬に出回る冬キャベツがあります。キャベツ特有の成分として有名なのがビタミンU、別名キャベジン。胃腸の粘膜...

免疫の力

2018-05-31

伝統食育レシピ♪ 「ネギ」 ネギを食べましょう!! 中国では紀元前から栽培され、日本には奈良時代に渡来。『日本書紀』にも出てくる野菜で、古くから薬用野菜として利用されていました。関東では、根元に土をかけて白い部分を多くした根深ネギ(長ネギ)がよく利用されます。深...

免疫の力

2018-05-22

 伝統食育レシピ♪ 「らっきょう」 カレーライスの付け合わせとして、おなじみのらっきょう。ユリ科ネギ属の植物で、ふくらんだ部分を食用にします。歴史的にも薬効の高いことで知られており、「畑の薬」とも呼ばれ、漢方薬などにも使われている食材です。中国が原産といわれ、2500...

免疫の力

2018-03-24

 むくみは自然薬で治る 病気によってむくみの現れ方は違ってきますが・・・・むくみとは、体の中に余分な水分がたまっている状態です。むくみを引き起こす病気の主なものは1、腎臓病2、心臓病3、肝臓病4、妊娠中毒5、脚気 そのほか栄養失調・貧血などがあります。...

免疫の力

2017-09-14

世界一の美女になるダイエットコラムを多くの皆さまにお読みいただきました。日本人は欧米人に比べ肌が美しく、老化の速度が遅い・・・気性も穏やかそれは、大豆製品を多く摂取してきた日本食にあります。腸内フローラ[細菌群]により大豆イソフラボンから産生されるエクオールが影響して...

免疫の力

2017-03-25

アレルギーに効果のある【邪を払うじゃばら果実】をご存知ですか・・・! 知る人ぞ知る隠れた人気果実だそうです。この度、じゃばらポン酢製造元和歌山のハグルマさんのご協力で、自然薬ご愛用者のみなさまに人気果実製品をご紹介させて頂くことになりました。自然療法として、ア...

免疫の力

2016-09-29

 今口にした食べ物が10年後のあなたを決める。 世界の美女はもう、白いものを食べるのはやめています。精製されたものは、食物繊維や栄養素が抜けていて、血糖値が上昇しやすいからです。血糖値は、急に上がると下がりやすく、その変動が、太りやすさ、シワ、しみといった老化の体内時計...

免疫の力

2015-11-09

  試してみました。  お盆前、ピロリ除去後の定期検査結果を聞きに医院へ、待合室に書かれていたニンニク注射のPOPに興味をもち、医師の話を聞きますとビタミンB1高単位の静脈注射の事。  8月はダンス競技会が毎週続き練習に加え高知・尾道へ遠征、筋肉疲労も頂点になり試しに、ビタミン...

免疫の力

2015-03-24

 薬をのめば病気は治るの・・・? 薬は患者さんの症状にあわせて処方されますが、その主目的は症状改善に有ります。  例えば、①血圧が高い⇒降圧剤で血圧を下げる     ②外傷・骨折⇒消毒剤で手当て、ギブスで固定     ③手術で腫瘍などを摘出    ①は生活習慣・年齢か...

免疫の力

2015-03-10

世界一の美女になるダイエットコラムを多くの皆さまにお読みいただきました。日本人は欧米人に比べ肌が美しく老化の速度が遅い・・・それは、大豆製品を多く摂取してきた日本食にあります。腸内フローラ[細菌群]により大豆イソフラボンから産生されるエクオールが影響しているという事か...

免疫の力

2014-11-12

 痛み止めの連用が低体温を招く!! 生理痛など痛みを止めるために、ついつい鎮痛薬を服薬されている方一般的に痛み止めは「解熱鎮痛剤」と言って解熱と鎮痛が一緒です。痛みを止めようと連用し続けると体温がどんどん下がります。特に、ひざや腰の痛みは長く続くことが普通ですね。...

免疫の力

2014-08-25

なんと後鼻漏でお悩みの方が多いか・・・・!日本人と西洋人体格が違い、鼻の形・大きさも違います。悲しい時、西洋の夫人が鼻で涙をすすっている、これは、「鼻筋の通った鼻」だから、目から鼻へ涙が抜けやすいからでしょう・・・!日本と西洋を考えてみましょう大陸型と海洋型...

山野千恵プロのその他のコンテンツ

Share

山野千恵プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0798-33-3430

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山野千恵

相談薬局アール堂

担当山野千恵(やまのちえ)

地図・アクセス

山野千恵のソーシャルメディア

facebook
Facebook

山野千恵のソーシャルメディア

facebook
Facebook

山野千恵プロのその他のコンテンツ