まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
長谷川満

子どもの自信とやる気を引き出す教育のプロ

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

コラム

『はるや日記』のユミエさん「諦めるとか、許すとか、信じるとか、それらはみんな同じこと」

2017年11月25日 / 2018年10月18日更新

 11月23日はずーーっとお会いしたいと思っていた「はるや日記」のユミエさんに会ってきました。

 京都の仁和寺の近く、御室駅の目の前にあるフリースペース&ギャラリー「ゆるり」でユミエさんのおはなし会があって、それに参加してきました。

 







 ユミエさんはこんな人です。






 ユミエさんはとっても自由な人で、若い頃からアジアの国を旅してこられていて、
 (アジアの暮らしとか空気感とか好きなのかな)
 結婚してお子さんができてからも家族でネパールとかインドとか行ってらして、
 決して安全とか快適とか、そんな旅ではなくて、ハプニングだらけというか、
 出たとこ勝負というか、現地の人の生活を実体験するような旅をされています。
 その分、体験できることもたくさんあるようです。

 今は滋賀の山奥で家族みんなで田舎暮らし以上の山暮らしをされています。
 その様子はテレビの毎日放送「VOICE」でも紹介されています。

 山の暮らしの様子がブログ「はるや日記」に写真とともに綴られているのですが、
 写真は綺麗だし、文章には癒されるし、その自然の中の暮らしの様子がホントに素敵なんです。
 ぜひご覧になってください。

 はるや日記➡︎https://ameblo.jp/yamanoieharuya/

 プライベート出産(家族だけによる自宅出産)やホームスクーリング(学校には行かず家で自由に学ぶ)を実践されています。でも今は子どもたちは好きで学校に通っているようです。たまに「今日は家で絵を描きたいから休む」とか「昨日寝不足だから休む」と言って自由に休んでもいるようです。

 お子さんに対しては、学校は行ってもいいし、行かなくてもいいし、本当に好きにしたらいいよという感じで、「宿題しなさい」はもちろんの事「歯を磨きなさい」「顔洗いなさい」も言ったことはないし、「はよお風呂入り」とか「はよ寝なさい」も言われたことがありません。歯を磨くのも顔洗うのも自由で、お風呂も入っても入らなくてもいいそうです。
 子どもたちは全員家で自由に過ごすことができます。

 それでも、子どもたちは勉強はよくできるようで、自分の興味の赴くまま「鳥」のことを詳しく調べたり、俳句にはまってみたり、試験勉強を楽しんでみたり、宿題も1言われたら10にしてやってくるとか、とにかく自分から勉強するので自然によくできるようになるみたいです。


 まあ、そんなユミエさんのお話し会、とても得るものがたくさんありました。

 僕が一番心に残った言葉は、
 「諦めるとか、許すとか、信じるとか、それらはみんな同じことやと思うんやね。言葉は違うけれど、そのしていること、行為は同じで一つの愛情表現やと思うんです。」

 諦めると言ったら悪いことのように捉えられるけど、そうじゃない。
 「ああ、この子はこうしたいんやなあ」と受け入れるというか、許すというか、
 もっと言うとその子の力とか可能性とかを信じているからこそ受け入れられるし、許せるんですね。
 そして、そうできるのは愛情があるからなんです。
 その愛情は信頼を伴った愛情なんですね。
 「あなたなら大丈夫だから」という。


 それと4番目のお子さんを45歳で妊娠されるんですけれど、
 その時、45歳やから若い頃のような体力もないし、危険やリスクもいっぱいで、そんな中プライベート出産をされます。そんなユミエさんのためにゆっくり赤ちゃんが降りてきてくれて、そうして自然に、楽に、とても気持ち良く出産できたそうです。
 (実はこのお話しをされている時、僕はなぜか泣きそうになってしまいました)

 ユミエさんはお産は『子どもが子どもの力で生まれてくる』のだと言われます。
 
 人間の努力ではなく、自然の力で生まれてくるのだという意味に僕は捉えています。

 自然の力とは「おのずから」湧き上がってくる力であり、「おのずから」変化していく力です。
 もっと言うと「おのずから」良くなっていく力であり、「おのずから」健康に、豊かになっていく力です。

 その「おのずから」を信頼するというのがユミエさんの心の中にあるように思います。
 
 プライベート出産にしても、ホームスクーリングにしても、必然的に子どもの命や将来をも巻き込んでしまいます。
 そこで自分の信念を貫こうとするのには相当の覚悟がいります。

 それは「受け入れる覚悟」というか「委ねる覚悟」というか、
 何か人間の努力を超えたところにあるもの、自然の働き、自然の叡智にお任せする覚悟なのでしょう。

 それともう一つは、自分がそうしたいと願って、そうすることによって他者を巻き込んだり、迷惑がかかってもそれは仕方がない。
 わかりやすく言うと「自分勝手である覚悟」。

 その覚悟があってこそ、自分が生きたい人生を送ることができるのだと思います。


 つづきはこちら➡︎http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/455103324.html
 
 

 

       < リンク >

 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校の子どもの家庭教師をお考えなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 長谷川満の見方が変わる相談室
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/448895890.html

 長谷川満の講演についてはこちら
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/
 



 お陰さまで家庭教師システム学院は今年の12月1日に創立30周年を迎えます。
 つきましては2017年10月1日〜12月29日に入会される生徒様につきましては
 入会金は半額の10800円とさせていただきます。

 「長谷川満の見方が変わる相談室」につきましても「マイベストプロを見ました」と言っていただければ相談料を半額の3240円(60分)とさせていただきます。(2017年12月29日まで)
 

この記事を書いたプロ

長谷川満

長谷川満(はせがわみつる)

長谷川満プロのその他のコンテンツ

Share

長谷川満のソーシャルメディア

rss
ブログ「長谷川満の親学講座」
2018-10-18