まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
能島孝志

お墓のプロ

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

お電話での
お問い合わせ
0120-75-6148

コラム

「墓じまい」を考える前に読んでほしい物語(5)「星よりも近く」/倉木敬人さん(37歳)

お墓物語

2017年7月29日 / 2017年8月2日更新

お墓にまつわるエピソード集「お墓物語」 

一見、同じように見えるお墓だが、実はそれぞれのお墓には、
それぞれの思いと数々のエピソードがあります。

全国の墓石を含む石材関連業者約1,300社が加盟する、
日本最大の業界団体である、(一社)日本石材産業協会では、
お墓にまつわる感動的なエピソードを集めた小冊子、
「お墓物語」を、2011年3月に発行いたしました。(非売品)




「お墓物語」を発行するにあたり、作品を募集したところ、
全国各地から数多くの応募作品が寄せられました。


その中から33名の方の作品がこの小冊子に収められています。


涙あり、笑顔あり、驚きありの素晴らしい物語ばかりです。


マスコミ等で「墓じまい」ばかりが大きく取り上げられる昨今において、
「お墓ってこんなに素晴らしいものなんだよ」ということを、
今一度、一人でも多くの人に気づいていただければと思い、
ここに、33話、全ての物語を順にご紹介させていただきます。

これまでに、以下4つのをご紹介いたしました。

「お墓物語」作品紹介(1)「祖母との出会い」/三浦るるさん
「お墓物語」作品紹介(2)「お墓参りの不思議」/伊東徳久さん
「お墓物語」作品紹介(3)「祖父のお墓で」/水野真由美さん
「お墓物語」作品紹介(4)「おはからい」/漣ほたるさん

今回は、東京都在住の倉木 敬人さん(37歳)の作品、
「星よりも近く」をご紹介させていただきます。
心温まるエピソードを通じて、家族や大切な方との絆や、
命の尊さを考えていただくきっかけになればと考えております。


「星よりも近く」/倉木 敬人さん(37歳・東京都) 

私が小学生の頃、祖父が亡くなった。


あまり頻繁に逢うことはなかったが、
それでも遊びに行ったときは面倒を見てもらった。

いくらでもあまえさせてくれた反面、
悪いことをした時は、痛いげんこつもくれた。


そんな「けじめのついた」祖父を私は好きだった。


だから、祖父が亡くなり、お墓に入った時は、
祖父の死が信じられなかった。


祖父は大柄だったが、今ではこんな小さな石に入っている。


それが、小学生の私には受け入れられなかった。


父も「お爺ちゃん、こんなに小さくなっちゃって」、
と言いながら、お墓の前で涙を流した。

お墓を見るたびにこんなに悲しい思いをするのなら、
『お墓なんてなければいいのに』とも思った。


だが、成長していくにつれて、その考え方は変わっていった。


私は小さい頃、「亡くなった人はお星さまになって、
みんなを見つめていてくれるんだよ」と教わった。


だが、星ではあまりにも遠すぎるし、昼間では見えない。


お墓は「愛する人をいつでも身近に感じたい」、
という人のためにつくられた、
とても素晴らしいもののように思えるのだ。

実際、お墓に祖父の大好物を置き、語りかけると、
まるで祖父と向かい合っているような気になった。


これが星ではそうはいかない。


見える日と見えない日があったら、
好きな人を身近に感じられないからだ。

お墓の前で語りかけると、
祖父の返事が聞こえてくるようだし、
お墓をつくっている硬い石は、
祖父がくれた痛いげんこつを思い出せた。

星と違い、そこにお墓があれば、
私たちは逢いたくなったらいつでも逢いに行ける。

お墓があるからこそ、残された人たちは、
また前を向いて歩けるのだと思うのだ。

いつか、星に自由に行ける日が来るまで、
私はお墓に向かって語り続けようと思う。


「お墓物語」を無料プレゼントいたします!

「お墓物語」をマイベストプロ神戸をご覧の方に無料でプレゼントいたします。
数に限りがございますので、ご希望の方は今すぐお申し込みください。

■お申込み方法

お申込みは第一石材までFAXまたはEメールにてお申込みください。
FAX・メールには、"「お墓物語」希望/マイベストプロ神戸"とご記入の上、
※お名前・ご住所・電話番号も必ずご記入ください。

・FAX:078・515・2737(24時間受付)
・メールでのお申込みはこちらまで
http://www.daiichisekizai.com/inquiry/site/

「お墓物語」は、近畿地方の方限定でお送りさせていただきます。
なお、部数に限りがありますので業者の方のお申し込みはご遠慮ください。


             
            ~つづく~



次回は、藤田徹朗さん(46歳・新潟県)の作品、
「泣き虫」をご紹介させていただきます。


一般消費者にとって極めて分かりにくいあらゆるお墓の疑問を、
(一社)日本石材産業協会認定、「お墓ディレクター1級」資格者、
㈱第一石材・代表、能島孝志がズバリ解決いたします。(相談無料)

私ども、第一石材では、しつこい売り込みや、自宅への訪問営業、
電話での後追いなどは一切いたしておりませんのでご安心ください。

防水構造を備えたお墓「信頼棺®」の詳細はコチラ!


この記事を書いたプロ

能島孝志

能島孝志(のじまたかし)

能島孝志プロのその他のコンテンツ

Share