まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
鈴木康介

アイデアやブランドなど知的財産を守り、中国に強い弁理士

鈴木康介(すずきこうすけ)

プロシード国際特許商標事務所

コラム

インドネシア進出を検討する理由

インドネシア 進出

2012年8月3日 / 2014年7月31日更新

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。

インドネシアに進出を検討さている方達にお話しを聞きました。

インドネシアへの進出には、2つの視点があります。

1つめは、工場としてのインドネシアの視点

 以前は、インドネシアの人件費が向上したため、インドネシアから中国などに工場を移転する動きがありました。

 しかし、近年、中国の人件費が向上してきました。
 
 例えば、北京では、ワーカーが364ドル(月額)、エンジニアが415ドル(月額)となっています。
 これに対して、ジャカルタでは、ワーカーが186ドル(月額)、エンジニアが357ドル(月額)となっています。
 (ただし、中間管理職(課長クラス)では、北京が840ドルに対してインドネシアは、854ドル)

 このため、中国からインドネシアに工場を移転する動きが出てきています。

2つ目は、市場としてのインドネシアの視点

 インドネシアの人口が約2億3,760万人と中国、インド、アメリカに続く、人口大国で、日本の約2倍の人口を有します。

 また、GDPが約8,343億ドルと、約3,456億ドルのタイの約2倍ですし、さらに、タイの平均年齢は、40代ですが、インドネシアの平均年齢は20代と若く成長が見込めます。

 インドネシアの実質GDPの成長率が6.2%(2010年)、6.5%(2011年)と高いです。

 このように、若年層が多く、経済も成長しているインドネシア市場にビジネスチャンスを感じ、
 参入を検討する動きが出てきています。

ご相談・お問い合わせ・取材はお気軽に
↓↓↓
03-5979-2168(平日9:00~17:00)
メール info@japanipsystem.com
http://www.japanipsystem.com/ask/index.html


Facebookで中国知財情報をまとめています。
中国商標情報局
http://www.facebook.com/Chinatrademark

<参考>
1.インドネシア基礎的経済指標(JETRO)
2.タイ基礎的経済指標(JETRO)
3.第21回アジア・オセアニア主要都市地域の投資関連コスト比較(JETRO)
4.中間層を核に拡大するASEAN市場(みずほ総合研究所)

この記事を書いたプロ

鈴木康介

鈴木康介(すずきこうすけ)

鈴木康介プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木康介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5979-2168

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木康介

プロシード国際特許商標事務所

担当鈴木康介(すずきこうすけ)

地図・アクセス

鈴木康介のソーシャルメディア

rss
ブログ
2012-07-13
twitter
Twitter
2018-09-22
google-plus
Google+

鈴木康介のソーシャルメディア

rss
ブログ
2012-07-13
twitter
Twitter
2018-09-22
google-plus
Google+

鈴木康介プロのその他のコンテンツ