まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ徳島
浪越あゆみ

元CAがお伝えする接客・ビジネスマナーのプロ

浪越あゆみ(なみこしあゆみ)

マナーアドバイザー

お電話での
お問い合わせ
090-4355-2780

コラム

お中元とお歳暮の意味

生活のマナー

2017年11月9日 / 2018年9月16日更新

こんにちは♪
「研修の為の研修ではなく、
  現場で実践出来る研修を❕❕」
マナーアドバイザー浪越 あゆみです。


今日はお歳暮とお中元の事について
書いていきたいと思います。


これからの季節、

お歳暮で頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか?





最近は、お歳暮・お中元・年賀状離れも
よく耳にしますし、


実際に私もその話題になった事があります。

本当にお世話になった方へ、
心を込めて送りたいですね。


お中元とお歳暮は、簡単に言えば
夏と冬に送るもの。

ですが・・・

意味合いが全く違います。

お中元・・・半年間お世話になった方へ
        お礼の気持ちを込めておくるもの


お歳暮・・・1年間お世話になった方へ
        感謝の気持ちを込めて おくるもの

つまり、

お中元よりもお歳暮の方が
重みがあります。

言い方を変えれば、

年に1度のお歳暮でのお礼だけでは
感謝を伝えきれない方へ

プラスしてお中元を送るという意味にもなります。


お中元を送っているから
お歳暮は送らないで良い・・・


という考えは、


相手に対してとても失礼な事になります。

どちらか1つだけ送るとすれば

迷いなくお歳暮という事です!!


この違いを頭に置いておくと、

品物選びの参考になりそうですね。



♪新人研修 社員研修
  アンガーマネジメント研修など
 こちらまでお気軽にお問合せ下さい♪
    aloha-oe@namikosi.shikoku.ne.jp

この記事を書いたプロ

浪越あゆみ

浪越あゆみ(なみこしあゆみ)

浪越あゆみプロのその他のコンテンツ

Share

浪越あゆみのソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-21

浪越あゆみプロのその他のコンテンツ