まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
高塚哲治

欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導くプロ

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

コラム

「欠陥住宅(14)」住宅瑕疵担保履行法

欠陥住宅

2012年6月11日 / 2018年8月27日更新

 新築住宅(戸建て、マンション、賃貸)の売主または請負人(建設業者や宅建業者)が、平成21年10月1日以降に新築住宅を引き渡す際には、「保険の加入」または「保証金の供託」が義務化されています。これにより、売主または請負人は、買主または発注者に対しての瑕疵担保責任を確実に履行することができ、万が一、倒産などのより瑕疵の補修等ができなくなった場合でも、保険金の支払いまたは保証金の還付により必要な費用が買主等に支払われます。
 これが、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」です。
 尚、2000年に施行された「住宅品質確保法」における【構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分】の瑕疵担保期間は10年間です。
 新築住宅(建築完了、建築中、建築予定)で該当する場合は、確認することをお勧めします。





タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

高塚哲治

高塚哲治(たかつかてつじ)

高塚哲治プロのその他のコンテンツ

Share

高塚哲治のソーシャルメディア

rss
ブログ
2017-02-06
twitter
Twitter
2018-08-29
facebook
Facebook
google-plus
Google+