まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
佐井惠子

家族の問題(成年後見、相続、信託)のプロ

佐井惠子(さいけいこ)

佐井司法書士法人

コラム

東京の親族に代わって後見人就任 ☆成年後見vol.13②☆

こんにちは、司法書士佐井惠子です。
遠方のご家族から、大阪にいるお父様の成年後見人申立手続を依頼いただきました。
インターネットで探し当てていただいて始まったご縁ですが、
後見人に選任されて、大阪の親戚の様なつもりで、お仕事させていただいています。

認知症になって、一人暮らしが難しくなった時、ご本人の住み慣れた自宅の近くで、
介護施設を探す場合が多いです。
介護サービス事業者のネットワークの範囲も理由の一つかと思いますが、
親族の方も、自分の家近くで選ぶと、他の親族が訪ねにくいとか、
食事の味付けだとか、言葉だとかの壁を考え、
親族自身が、何かあれば往復すれば良いと考えることも想像できます。

遠方で、なかなか訪ねることのできない親族は、成年後見人には就任いただけませんが、
そういう親族のいらっしゃる方の場合には、後見人としてする仕事に加えて、
施設でのご本人の様子や、訪問時のご本人とのやりとり、
また、補聴器をつけた方が良いと思ったときには、私の経験も合せてお薦めするなど、
コミュニケーションを取りながら、大切な判断には、親族の了承を求めるように心がけて進めていきます。

もちろん、成年後見人の責任のもと判断していく訳ですが、
成年後見人は、ご本人の良き代弁者でなければなりません。
その判断の材料を、ご本人に代わって話していただける親族は、
後見人にとっても百人力の存在なのです。

実家の困りごとについて、相談相手が増えたとお考え下さい。

私たちは、笑顔の和を広げます。

司法書士佐井惠子
http://sai-shihou.jp
☎06-6365-1755

この記事を書いたプロ

佐井惠子

佐井惠子(さいけいこ)

佐井惠子プロのその他のコンテンツ

Share

佐井惠子のソーシャルメディア

google-plus
Google+