まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
舘慶仁

低コストで納得のいくリフォームをするプロ

舘慶仁(たちよしひと)

リフォームワーク

お電話での
お問い合わせ
06-6195-4552

コラム

進化する断熱基準 断熱リフォームで快適+省エネ!

全面改装リフォーム

2017年1月24日

築古の木造住宅は当時の断熱基準及び断熱性能のため、冬場の寒さに悩まされる例は少なくありません。
先日ある住宅設備の展示会を見学した際に、1980年当時からの断熱基準を年代ごとに現在のゼロエネルギー住宅に至る断熱基準の進化が展示されていました。


昭和55年(1980年)と平成4年(2003年)の断熱材です。
37年前はやはりさすがに天井、壁とも薄いグラスウールが使われています。
床に至ってはスタイロフォームではなく発泡スチロールですね。
しかしこの頃から本格的に断熱材が導入されてきたのでしょう。
築50年以前の木造住宅に断熱材としてはなかなか見受けられず、やはりそのころの建物は冬場の寒さにr悩まされているケースが多くあります。


平成25年と、現在のゼロエネルギー住宅の断熱基準です。
やはりゼロエネルギー住宅の断熱材はしっかりしていますね。
天井にこんなに分厚いグラスウールが入っていれば、冬場も夏場も快適に過ごせることでしょう。


ちなみにドイツの断熱基準がこちら。
木製繊維とグラスウールの差はあまり比べられませんが、窓の基準がLo-Eのトリプルガラスというのが驚きです。
やはりドイツはエコ住宅のトップランナーのようです。

さてこのように日本の住宅における断熱事情も進化しています。
住まいの断熱性は外気に触れる床、壁、屋根下の天井に断熱材を隙間なく入れることと、窓、玄関などの開口部断熱仕様にすることで確保されます。
断熱を行うと、冬場は冷たい外気の影響を受けにくく、暖かい室内の空気を逃しません。
夏場は外の熱気を跳ね返し、冷房の効きがよくなり、涼しい室内環境が得られます。
暖房時も冷房時も、格段に省エネにつながり経済的です。
また、しっかり断熱した家の良さは室内の温度が、廊下と大きく違ったりしないこと、お風呂に入る際にヒートショックなどの体への影響を防止することができます。
リフォームで断熱工事を行う場合、床や天井であればもぐりこんで断熱材を入れることができますが、壁はいったん内壁をはがさなければなりません。
床や天井だけの断熱や、一部屋だけの断熱ではあまり効果が得られません。
断熱工事は大規模リフォームをお考えの際にご検討してみてはいかがでしょうか。
大規模リフォーム時であれば壁や天井を大きく解体する際に、耐震補強も同時に行うことができます。
断熱工事と耐震補強工事はこれからのリフォームにおいてはずせない工事として考えられています。


省エネ住宅にするポイントは?
窓の断熱化の方法
中古マンション・中古住宅をリノベーション
ドラマのセットのようなおしゃれで都会的なお部屋で暮らしたい!

全面改装リフォームのプロ 舘慶仁ののブログ

長屋のリフォームをお考えならリフォームワークへ!
リフォームワーク社長 舘慶仁のすべてがわかるブログ

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  
あの古家がこの予算で変わる リフォームワークのHP

この記事を書いたプロ

舘慶仁

舘慶仁(たちよしひと)

舘慶仁プロのその他のコンテンツ

Share