マイベストプロ岡山

コラム

○地中埋設物 媒介業者の説明責任○

2021年2月22日 公開 / 2021年3月2日更新

テーマ:不動産トラブル

コラムカテゴリ:住宅・建物

媒介業者の説明責任は?


●地中の埋設物

(事例)
「買主は、宅地建物取引業者の媒介により築40年を経過した古家付土地を購入した。建替えのため建物を解体したところ、使用されていないコンクリートで蓋をした古井戸を発見した。井戸の埋め戻し費用や建物の基礎補強費用等が新たに必要となった。」


●媒介業者の責任は?

中古住宅の取引においては、事例のように使用されていない古井戸や、浄化槽、廃材等が発見され、埋め戻しや撤去等についてトラブルになることがあります。

井戸が敷地の庭や目視で判明する場合などは、媒介業者の通常の調査により容易に発見が可能であるので、井戸の存在については説明義務があると思います。

しかし、既存建物の床下等に存在していたような場合、媒介業者は井戸の存在について通常の調査においては発見し得ません。

●従って、井戸の存在を知っていた等の状況があるなどの特段の事情がない限り、取引後に井戸の存在が判明したとしても媒介業者に説明義務があるとは思えません。


●トラブルを回避するには

埋設物について、売主の知り得ることを事前に確認し、物件状況確認書(売主の告知書)で告知してもらうことが望ましいと思います。
また、使用されていない浄化槽が撤去されずに地中に存在していることもあるので注意が必要となります。



○コラム内容のご質問はご遠慮ください。
ご相談内容と料金 お問い合わせ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○営業時間 
 平日9:00~17:00 土曜日9:00~13:00
○定休日 
 日曜・祝日・臨時休業あり

この記事を書いたプロ

宮本裕文

不動産コンサルティングのプロ

宮本裕文(有限会社富商不動産販売)

Share

関連するコラム

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

 

不動産の個別相談、電話相談、メール相談 料金は安心の一律¥3000円です。お気軽にお問い合わせください。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス