まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

既存不適格建築物の売買

売買契約の注意点。

2018年7月14日 / 2018年9月13日更新

違反建築物なのか?


●既存不適格建築物とは

建築基準法の施行又は適用の際、現に存在する建築物又は、現に工事中の建築物で、施行後の規定に適合しない部分を有する建築物をいいます。

ただし、違反建築物としては扱われません!

例えば、都市計画区域外にあった建物が都市計画区域内に編入されたことにより、建築基準法の「集団規定」に適合しない場合でも、それをもって違反建築物とはなりません。

●集団規定とは

建築基準法第3章「都市計画区域内の建築物の敷地、構造及び建築設備」の規定をいいます。

取引の対象物件が、「既存不適合建築物」の場合は、重要事項説明において、その内容を具体的に記載・説明することが重要となります。

●もちろん既存不適格建物の売買は問題のない(法的に)取引ですが、再建築時などに制限される規定内容の確認が必要とされています。



○営業時間 平日9:00~17:00 土曜日9:00~1300  日曜・祝日は定休日です。
○随時、不動産相談の受付をしています。
○電話相談も受付しています。
不動産買取ります。

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share