まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

登記の意味 「賃借権」が登記されることはほとんどありません

ちょっと一息しませんか。

2018年3月17日 / 2018年10月11日更新

登記の意味と権利


ちょっと一息しませんか

●登記の意味

登記とは、国が作成する登記簿に不動産に関する事実やその内容を記録すること、または記録された内容自体のことをいいます。
登記の手続きについては、不動産登記法や、その他法令で定められています。

●登記される権利

不動産を対象とする権利でも、実はそのすべてが登記できるものではありません。
登記することが出来る権利は「土地・建物」についての「所有権」、「地上権」、「小作権」、「地役権」、「先取特権」、「質権」、「抵当権」、「賃借権」、「採石権」の9種類となります。

これに対して、占有権とか留置権などは、占有という事実に基づく権利となりますので、登記にて公示をする必要はなく、登記不要とされています。

また、入会権もその権利内容が慣習によって決まるので、登記による公示には適さないと考えられ、登記がなくても対抗力があるとされています。


●「賃借権」が登記されることは、現実的にはほとんどありません。

なぜ?

建物を建てる目的で、土地を借りたとします。この場合、土地の借主の賃借権を、第三者に主張するためには、その土地に対し 賃借権を登記する必要があります。
(この場合の賃借権は、借地権を意味します)

ただし、この登記をするには、貸主(地主)の協力が必要となるため、貸主にとっては不利となる賃借権の登記は現実的には、ほとんどなされてはいません。

そこで、第三者に賃借権を主張するために、建築した建物を借主の名義で登記します。

建物の所有権保存登記を借主の名義で登記することで、土地について賃借権が登記されていなくても、その賃借権を第三者に主張できるとされています。

ちょっと一息でした



○営業時間 平日9:00~17:00 土曜日9:00~1300  日曜・祝日は定休日です。
○随時、不動産相談の受付をしています。(定休日も可)
○売買・賃貸借のご依頼もお受けしています。
不動産買取ります。

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス