まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

借主が逮捕されたら。

不動産のトラブルいろいろ。

2015年9月7日 / 2018年9月13日更新

賃借人の逮捕。

アパート等の借主が逮捕されたら・・・。このケースは非常に苦労します。
まず、逮捕後の対応、対処です。起訴されたら高い確率で賃料は滞納
されます。また、残置物や解約手続きなど・・・。

家賃保証契約をしていない場合等では、連帯保証人も保証能力が
なかったり、身内は知らん顔などの最悪のケースも想定されます。

家主も管理業者も、契約解除の方向で動きますが、やはり家財道具
や借主の所有物を勝手には処分できません。家主の負担にて法的な
手続きが必要となります。

私も過去に経験がありますが、連帯保証人の協力で解約書面等を揃え
ることができ、無事に解除、退去してもらえました。

また、逮捕されると身柄が拘束されます。よって部屋も、逮捕時のままの
状態です。(どこで逮捕されたかにもよりますが・・・。)
実際、私が部屋の家宅捜索の立会をしたときには、炬燵の電気が入っ
たままの状態でした。

入居者が逮捕された場合、部屋の開錠、立会いなどで警察から連絡が
あり、家主や管理業者は知るケースが多いです。

賃貸業は意外な苦労が存在します。


○随時、不動産相談の受付をしています。 086(253)1217
○不動産のセカンドオピニオン 岡山市の売買・賃貸コンサルタント 
○料金表 http://mbp-okayama.com/tomisyo/service1/

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share