まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

解約手付。

売買契約の注意点。

2015年7月22日 / 2018年10月11日更新

契約の解除。

締結した契約。理由を問わず解除できる手付を解約手付といいます。

手付解除期日を契約時に定め、その期日内であれば買主は支払った

手付金を放棄し、売主は受領した手付金の2倍額を返還すれば、契約

を解除することができます。また、「相手方が契約の履行に着手するまで」

との説もありますが履行の着手が曖昧な為、手付解除期日を定めるのが

一般的です。

この手付解除が実行されるケースでは、手付金を放棄・倍返ししても

当事者にメリットがある場合です。バブルの頃、少ない手付金だと契約

後、他に良い条件があれば手付解除となることもありました。

もともと、個人間の手付金額には定めがなく、売買価格の5%~10%が

相場かと思います。手付金が少なすぎても不安ですし、多すぎても負担と

なります。

しかし業者として困るのは、当事者の都合で契約解除となった場合の仲介

手数料の支払請求です。未だに肯定派と否定派で諸説あります。

契約の解除、金員の精算等についてのご相談もお受けしています。


○随時、不動産相談の受付をしています。 086(253)1217
○不動産のセカンドオピニオン 岡山市の売買・賃貸コンサルタント 
○料金表 http://mbp-okayama.com/tomisyo/service1/

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス