マイベストプロ信州
下田茂

アイデア等を特許・商標等の権利にするプロ

下田茂(しもだしげる) / 弁理士

みらい国際特許事務所 長野オフィス

コラム

知財を活かす地元企業(3)

2019年7月13日 公開 / 2019年11月15日更新

テーマ:地元企業

コラムカテゴリ:法律関連

 令和の時代に入り、新時代に向けて頑張っておられる知財を活かした地元企業(主に中小の方々)をご紹介しています。
 三回目は、「株式会社幾久屋」です。同社は、住宅用ガラスサッシ等を施工する設立が昭和8年の伝統的な企業です。そして、その中でも、現在、写真のような独自のデザインによる「悠Uサンルーム」(登録商標))を販売しています。
       
 住宅の窓に外付けされたサンルームはよく見かけますが、一般的なサンルームはほとんどが直方体状になっています。したがって、外側への窓の延長という感じが否めません。
 これに対して、同社の販売する「悠Uサンルーム」は、全体が半円筒状(正確には多角筒状)になっています。半円筒状になることで、庭の景色が180゜の周囲に広がる開放的で優しい空間になり、家の一部というよりも庭の一部という雰囲気を醸し出すため、信州の別荘などには最適かもしれません。
 同社の「悠Uサンルーム」は、上の写真の中にも表示されるように、長野県が推進するブランドイメージ「しあわせ信州」の発信商品の一番最初の商品(第1-1号)に認定されています。また、メディア関連では、SBC信越放送の番組「YES,ものづくりナガノ」,書籍「長野が世界に誇りたいものづくりの会社」をはじめ、各種雑誌や新聞等で紹介されています。
 ところで、このような商品の“デザイン”は、意匠権(知的財産権)で保護されます。「株式会社幾久屋」では、この丸みのあるサンルームのデザインに関連して、日本では3件の意匠権を取得するとともに、この中核的なデザインは中国でも意匠権を取得しています。したがって、おそらく、このような丸みのあるサンルームは、同社以外、日本で販売している企業や商品はないと思われます。
 知的財産(知的財産権)と聞くと、発明や考案を対象とする特許などの技術的なものをイメージするかもしれませんが、デザイン(意匠権)も重要な知的財産権となり、商品の種類によっては、むしろ特許よりも強力な権利になる場合もあります。
 このような意匠権を含む知的財産権は、中小企業や個人的経営者にとって、ビジネスを展開する上での強力な武器になります。もちろん、武器ですので、その管理や使用方法、つまり、適切にかつ上手に使いこなすことも必要になります。
 今、米中貿易戦争が進行し、知的財産権の問題は最重要項目になっています。中小企業等にとっても、知的財産権の重要性は、例外ではありません。むしろ、重要な戦略テーマの一つとして自社の経営戦略に活かしてほしいと思っています。

この記事を書いたプロ

下田茂

アイデア等を特許・商標等の権利にするプロ

下田茂(みらい国際特許事務所 長野オフィス)

Share
関連するコラム

下田茂プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
026-228-3828

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

下田茂

みらい国際特許事務所 長野オフィス

担当下田茂(しもだしげる)

地図・アクセス