まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
下田茂

アイデア等を特許・商標等の権利にするプロ

下田茂(しもだしげる)

みらい国際特許事務所 長野オフィス

下田茂プロのコラム一覧

知的財産

2018-08-18

 現在は、「ものづくり」であろうが、「サービス」であろうが、あらゆる分野にインターネットが浸透し、ビジネスを行う上では切り離せないツールになっています。 ところで、インターネットにビジネスを持ち込む以上、ビジネス自体が裸で世界中に晒されることになります。このため、容易に市場...

知的財産

2018-07-21

 サービス業は「もの」を生産しないため、特許を取るなどのイメージは弱く、むしろブランド(商標)を活用するイメージが強いと思います。 しかし、現在は、ビジネス形態も多様化の時代であり、今までの慣習や常識にしがみ付いているわけにはいきません。新しい発想が必要になります。 例えば...

知的財産

2018-06-16

 今は、PCのインターネットをはじめ、スマートホンの普及により、様々な時代的な変化が生じています。 個人レベルでは、インターネットを通して様々な可能性が広がっています。情報発信や情報交換にはじまり、特に、個人レベルのビジネスチャンスは、一昔前と比べたら比較にならないほどの可能...

一息

2018-05-19

 最近、一見普通に思える若者によって7才の女児が命を落としたり、元市会議員によって6才の女児が命を落とすなどの痛ましい事件が起きています。 このような事件に接すると、おおかたの人は、犯人に対して、周りの人達のことを考えないのか! 後先のことを考えないのか! などと思うのではな...

知的財産

2018-04-21

 農業の知的財産として、農産物の品質を維持するブランド、更には農業における服装や農具等のオシャレ感やデザイン感について書いてきました。 一方、農業では、栽培や農具等に関する「技術」も重要な知的財産となります。実際、それぞれの農家では、品質の高い野菜を得るために、様々な工夫を...

知的財産

2018-03-24

 前回、農業のブランド力についてその重要性に触れました。今回、ブランド力以外の知的財産に目を向けたいと思います。 若い人が主体となったオシャレ感のある農業も増えてきたのではと、前回、最近の農業に対する感想を書きました。 農業は、自然の中の植物を相手にしているため、見方によっ...

知的財産

2018-02-17

 最近、農業が大きく変化しているように感じます。高齢化などによる農業人口の減少というマイナスの側面もありますが、一方において、農業そのものに魅力を感じる若い人や地方移住に伴う農業家族など、何か新しい息吹のようなプラスの側面も感じます。 また、各自治体も地域間競争や海外展開等...

お知らせ

2018-01-13

 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。本年も皆様にとってよい年となりますようにお祈り申し上げます。 新年早々、各地の異常気象が話題になっています。米国では寒波が、また、オーストラリアでは熱波が押し寄せています。日本でも、このところ北陸や函館などは大雪になっていま...

雑感

2017-12-23

 今年も後一週間ほどになりました。本年も皆様には大変お世話になり厚く御礼申し上げます。この一年を振り返ると、弊所への出願の依頼件数は、お蔭様で前年比プラスで推移し、特に、商標の出願件数は、前年比で2倍ほどになっていました。 一方、少し前に、2016年における世界の特許出願件数の統...

一息

2017-11-18

 このタイトルは、最近読んだ本のタイトルです。著者は、元インテルCEOのアンドリュー・S・グローブ氏です。日本語では、「病的なまでの心配性だけが生き残る」と訳されています。 もちろん、病的なまでの心配性の人が全て生き残れるという意味ではありませんが、生き残るための条件の一つとし...

雑感

2017-10-14

 昨日のWebニュースに、【A】USJが個人所有の商標権「BELLO」を侵害している記事がアップされていました。また、少し前ですが、【B】小池百合子代表が「希望の党」の名称を既に商標登録しているニュースがありました。さらに、【C】「立憲民主党」の名称について、既に第三者により商標登録出願さ...

雑感

2017-09-16

 最近、新聞(ニュース)を見ても、「AI」や「IoT」など、時代を背景にした言葉が目に付きます。 「AI(人工知能)」,「IoT(物のインターネット)」及び「ビッグデータ」の三要素が最低限組合わされば、循環サイクルによる学習効果が加速し、処理技術などは量的にも質的にも二乗カ...

雑感

2017-08-11

 今年のはじめに書いたコラム「これでいいのか日本」の中で、日本の特許出願件数が中国や米国に比べて芳しくない点について触れました。このときの件数は、日本全体の件数を見たものであり、どちらかというと大企業のデータが大きく反映しています。 一方、中小企業に着目した場合はどうでしょ...

雑感

2017-07-15

 最近、タイトルに関連する知財絡みのニュースが二件ほどありました。「コメダ珈琲店」が、自社の店舗の外観などに似ているとして和歌山市の会社を訴えていた裁判で和解が成立したニュースと、「小学館」が、自社から発行しているレシピ本のタイトルや写真素材等のカバーデザインが似ているとして...

雑感

2017-06-17

 特許庁(INPIT)は、今年の3月から「タイムスタンプ保管サービス」を開始しました。(A) ところで、「タイムスタンプサービス(TSS)」は、「電子データ」に対して、その内容とそれが存在した日時を証明するためのものであり、公証人役場による遺言状などを保管する制度の電子版と...

下田茂プロのその他のコンテンツ

Share

下田茂プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
026-228-3828

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

下田茂

みらい国際特許事務所 長野オフィス

担当下田茂(しもだしげる)

地図・アクセス