まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
下田茂

アイデア等を特許・商標等の権利にするプロ

下田茂(しもだしげる)

みらい国際特許事務所 長野オフィス

下田茂プロのコラム一覧:地方企業と知的財産

 「知財マインド」を如何に醸成するか! ■ このシリーズも節目の20回になりました。今回は、今まで書いてきたことを総括してみたいと思います。■ コラムでは、地方企業(中小企業)における「知的財産(知財)」の重要性や必要性に加え、スピリチュアルな面に目を向けた「目に見えないも...

 ビジネスサイクルと知財サイクルは車の両輪  今回は、ビジネスサイクルと知財サイクルの関係、特に、二つのサイクルは車の両輪の関係になり、両サイクルを旨く回転させることが安定した走行につながる点を強調したいと思います。なお、ここでのビジネスサイクルは、商売循環の意味で用いてい...

 知的財産権の利用の仕方[Ⅲ]…リバース的利用  前回までの利用の仕方については、「自分(自社)の所有する知的財産」をどのように活用するかの視点から書いてきました。 今回は、一言でいえば、「他人(他社)の所有する知的財産」を活用するにはどうするかの視点になります。知的財産権...

 知的財産権の利用の仕方[Ⅱ]…ソフト的利用(ⅱ)  今回は、前回書いた知的財産権のソフト的利用の続きです。 以前、「ベンチャービジネスと知的財産…Ⅳ」の中で紹介した中小企業の知的財産活動のアンケート結果を再度挙げておきます。             (※画面クリックで拡大)...

 知的財産権の利用の仕方[Ⅱ]…ソフト的利用(ⅰ)  前回、知的財産権の利用の仕方としてハード的利用について書きました。今回はソフト的利用についてです。ソフト的利用については、書きたいことがたくさんあるため、今回と次回に分けて書きたいと思います。 コンピュータでは、ソフトウ...

 知的財産権の活用の仕方(Ⅰ)…ハード的利用  前々回のコラムで、知的財産権は「利用」してこそ生きるものとして、「利用」の必要性と基本的な捉え方について書きました。 知的財産権の「保護」については、いわば専門家任せにできるかもしれませんが、「利用」については、基本的に、自ら...

 知的財産権は「利用」してこそ活きるもの  特許権等の知的財産権には、「保護」と「利用」の二つの側面があります。 「特許(特許権)」は、発明や新技術がキーワードになるため、企業では、どうしても「開発部」や「技術部」が関係し、「製造部」や「営業部」はあまり関係しないというイ...

 知的財産のミックス戦略  ミックス戦略とは、「ミックス」の言葉のとおり、色々なものをミックスする戦略です。 分かり易く言えば、例えば、武器を使用して戦う場合、銃だけ所持していても戦うための戦略は限られます。このため、通常は、銃だけでなく、ナイフや手榴弾など、異なる複数の...

 知財ベースのアライアンス戦略  一般に、アライアンスとは、異なる企業同士の協力体制といわれています。異業種交流の場合、複数の異企業が共通の目的の下に協力体制を構築することも少なくないため、アライアンスの一形態といえます。 弊所のお客さんの中にも、アライアンス戦略を巧く進...

  「下町ロケット」における知財戦略  今、SBCテレビ(TBS系)夜9:00のTVドラマ「下町ロケット」が好評です。11月15日で前半が終了し、このときの視聴率は20%を超えたそうです。したがって、ご覧になった方も多いと思います。                    ...

 知財のオープン・クローズ戦略  今年の始め、トヨタ自動車(株)は、自社の保有する5,600件あまりにのぼる燃料電池関連の特許(出願中を含む)について、「無償」で実施権を付与すると発表しました。この影響もあり、現在、知財に関するオープン・クローズ戦略が注目されています。 ...

 ヒット商品を支える知的財産権-Ⅱ  今回は、ヒット商品と知的財産権(知的財産)がどのような関係になっているかをデータを通して見てみたいと思います。なお、掲載したデータの出典先は、いずれも中小企業庁発行2009年度版中小企業白書です。 ところで、「ヒット商品」の言葉に関連し...

 ヒット商品を支える知的財産権-Ⅰ  今回は、ヒット商品をキーワードとして、知的財産権(知的財産)がどのように関係しているかを見てみたいと思います。ヒット商品には、消費者が関心するようなユニークな商品もありますが、比較的単純な構成或いは形状であっても、機能に優れ、消費者のニー...

  普通の人にとって「特許」は難しい?  「こんな簡単でも特許」として、このコラム欄でもときどきユニークな特許(発明)を紹介するようにしています。発明(特許)は誰にでも簡単にできるものです。 発明などには縁がないと思っている中小企業や地方企業の皆さんは、今回のコラムを見...

 知財の本質は人の生き方に通じる?(小休止)  今まで「地方企業を生かす知財戦略」として、基本的な考え方を書いてみました。これからは、ヒット商品や知財の活用法など、より具体的な内容に触れたいと思っています。そこで、今回は、前半のまとめの意味も含め、知財について少し変わった角...

下田茂プロのその他のコンテンツ

Share

下田茂プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
026-228-3828

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

下田茂

みらい国際特許事務所 長野オフィス

担当下田茂(しもだしげる)

地図・アクセス