まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

コラム

交通事故体験記2~発生から示談成立まで~

個人ネタ

2014年5月16日 / 2017年3月3日更新

いよいよ本題に入ります。

1 H25.8.7 PM5:10ころ 交通事故発生

私は,仕事帰りに自動車に乗り,前の交差点の赤信号に従い停止していました。
信号からは少し渋滞していて,私の車は5,6台目あたりに停止していました。
また,後にも車が連なっており,直後の車も停止したような感じでしたので,
後から衝突されるなどまったく想定できないような状況でした。

しかし,突然,後方から「ズドドドーン」という衝撃があったのです
(1回の強い衝撃ではなく,1回あたってさらに突き上げるような衝撃でした)。
私は,前記のような状況でしたので,まさか後から追突されるとは思えず,
最初は何が起きたのか理解できませんでした。

ただ,地震などではないようですので,「追突かな」と思い,
私は,運転席から降りて,自分の車の後部を確認しました。

私の車の後部も,パッと見は,ほとんど傷はありませんでしたが,
よく見るとバンパーの中央部付近に傷がありました。
また,私の車にあたったであろう,後の車も見てみると,
ちょうど私の車のバンパーと高さが一致するあたりの前ナンバープレート部分が
曲がっていました。

そこで,ようやく,後の車が私の車に追突してきたという確信を持ちました。

しかし,後の運転者はすぐには降りてこられず,私は,後の車の人に声をかけて,
「あたりましたよね。」と確認し,ようやく,その方は降りてこられました。

2 事故後にやるべきこと

警察を呼び,警察が来るまで,少し車を左に寄せて待つこととしました。
(この点,可能であれば,事故の状況のまま,警察を待つのが良いのかもしれませんが,
軽微な事故の場合は,事故後の交通の邪魔にならないよう,移動させることはやむを得ません。)

警察が来るまでの間に,相手の方とは,連絡先の交換をし,
保険加入の有無も確認し,保険は入っているということでした。

また,損傷状況を保全しておくため,
私の車と相手の車の損傷部分の写真もとっておきました。

以上が,発生から,警察を呼ぶまでの流れです。

3 ポイントの確認

事故直後の対応でのポイントは,「警察を呼ぶこと」,「相手の連絡先と保険加入の有無の確認」,
そして,「証拠の保全」です。

警察を呼ぶことは,まず基本中の基本ですので,必ず行う必要があります。
それがなければ,事故の存在自体から争われる可能性があります。

次に,相手の素性確認と保険加入の有無は,今後の賠償請求に必須です。

さらに,事故直後は,非を認めていた加害者も,後日,その証言を覆すことはいくらでもあります。
ですので,証拠の保全として,最悪,損傷状況や現場の写真を残すことが必要です。
また,ややこしそうな感じの場合は,相手の発言を携帯電話などで録音しておくことも有益です。

これらのことを,事故の直後は考えて,冷静に行動してください。


================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

笠中晴司

笠中晴司(かさなかせいじ)

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ