まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
大橋理宏

多様な石工加工に対応する石工技能士

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

コラム

骨壺あれこれ 大きい?小さい?標準は?

お骨の行く先

2018年3月23日 / 2018年9月20日更新

不定期シリーズ 骨壺あれこれを書いていきます

さてそもそも骨壺

地域によっても成人の遺骨に使う大きさが全然違うんです。

ちなみにいまだこの業界ほとんどが尺貫法なので寸で表記することが多いです。(1寸は30.3mm)

で、主に3寸から7寸の壺が標準的に出回っていますが

関東では大体の場合7寸(上から見た直径がおよそ22センチくらい)が成人の場合使われています。

逆に関西方面は3寸から5寸くらいのものが多いようです。

なんでこんなに違うのか?

どこから違うのかはあまり深く追求していませんが、おそらく古くから残る地域の習俗の影響もあるかと思います。

あれ?でも小さいとお骨全部収まらないですよね。

そうです

収まりません

その場合は火葬場で処理されているということになります。

最近は報道などでも残骨灰(ざんこつばい)の問題などと言って取り上げられることも出てきました

その辺はまたあらためて記事にするとして、地域によって大人の遺骨でも骨壺サイズに違いがあるという事をお知らせします。

関西の方が関東で納骨を立ち会うと、大体その骨壺の大きさにカルチャーショックを受けて帰ります(笑)

大橋理宏関連ホームページ


横浜横須賀の“いいお墓づくり”は大橋石材

良材建墓

生前予約の墓じまいお墓のみとり®

整えライフセミナーこちらから

この記事を書いたプロ

大橋理宏

大橋理宏(おおはしまさひろ)

大橋理宏プロのその他のコンテンツ

Share

大橋理宏のソーシャルメディア

rss
ブログ「石って」
2018-06-20
twitter
Twitter
2018-09-19
facebook
Facebook

大橋理宏プロのその他のコンテンツ