まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
大橋理宏

多様な石工加工に対応する石工技能士

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

コラム

インド加工できるお墓材 M1とM1H 緑のお墓

加工に関して

2015年9月14日 / 2018年9月24日更新


インド加工も佳境です

今日はこの2種類

インドのグリーン系を代表する石です。

M1(柄が大きい)M1H(きめ細かくより緑に見える)という2種類

価格的にはM1の方が少しお安くなります。

M1Hに関しては何度か書いておりますが、石目としては単純に4種類くらいあるようです。

一番最近のモノを写真にしましたので参考にしてください。

また、インドにあるものと中国にあるものは大体、石目は違う場合の方が多いようです。

撮られているエリア全体としてのネーミングといった部分もあるのでそうなります。

で、

昨日の続きですが、なんでインド加工の方が中国加工より安くなるの?

という疑問なんですが、

単純なことなのです。

中国に原石が入る時に中国で税金がかかります、そして中国から出す時にまた税金がかかります。

製品になっていなくても国外に出す時に税金がかかるのです。

ですからインドの原石を中国から買ってしまえば税金部分だけでも高くなります。

+輸送コストですね。

ですから、インドで加工できる石は1か月余分に待てるのでしたら、お待ちいただいた方が少しでも安く、丁寧なインド加工の墓石ができるのです。

余談ですが、インド材の場合費用面で見ると

インド<中国<日本 と加工地によって同じ石でも高くなります。

加工精度に関しては中国が絶対ダメなわけでもないので比較は難しいですが、

インドの技術力を私は認めています。

大橋理宏関連ホームページ


横浜横須賀の“いいお墓づくり”は大橋石材

良材建墓

生前予約の墓じまいお墓のみとり®

整えライフセミナーこちらから

この記事を書いたプロ

大橋理宏

大橋理宏(おおはしまさひろ)

大橋理宏プロのその他のコンテンツ

Share

大橋理宏のソーシャルメディア

rss
ブログ「石って」
2018-06-20
twitter
Twitter
2018-09-24
facebook
Facebook

大橋理宏プロのその他のコンテンツ