マイベストプロ香川
佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(さとうのぶゆき) / 薬剤師

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

コラム

ノドの異変と生薬エキス

2019年9月26日 公開 / 2019年11月5日更新

テーマ:漢方薬アラカルト

コラムカテゴリ:医療・病院

《秋から冬は乾燥の季節、ノドの異変が増えます》


板藍茶 五行草
※漢方の陰陽五行説では『秋』について、このように説いています。
☆肌と粘膜の負担が大きくなる季節・・喘息やアトピー性皮膚炎、花粉症、便秘などが悪化しやすい

☆自然界は乾燥する季節、そして夏の無理で私達の身体も乾燥する
   
       《この夏の無理での乾燥とは》
☆発汗過多での体の乾燥
麦味参顆粒


☆暑いからとクーラに頼り過ぎ、クーラーの強力な除湿作用での体の乾燥   
熱中症 麦味参顆粒

《ノドがイガイガしたり咳が気になる時には》


五行草
※生薬=スベリヒユ・・・湯がいて辛子醤油で食べますとシャキシャキした食感が楽しめます。

五行草
※スベリヒユを粉末にしたのが薬局サプリメントの『五行草』エキス。
中国では突発性の下痢や腹痛、そして咽頭炎にも繁用されています。

《ノドの痛みが気になる時には》


板藍茶
※生薬=板藍根・・中国では『抗菌・抗ウイルス作用のある生薬』として有名ですが日本では薬局サプリメントとして漢方専門薬局で薬剤師が推奨販売しています。

《近年、口コミで『インフルエンザ』が流行り出すと『板藍茶』と『板藍のど飴』が大人気となります》
板藍茶 板藍のど飴 イスクラ すみれ漢方施薬院

《動物性生薬の『羚羊角』が幻の妙薬となりつつあります》

涼解楽 板藍茶 板藍のど飴
※インフルエンザで発熱した時、動物性生薬=『羚羊角』配合の『涼解楽』、当薬局では在庫分で消滅。
現在、代替品を模索しています。
インフルエンザや風邪等で発熱した時に、このセットの『ありがたみ』を体感された方は多いと思います。

※動物性生薬・・『麝香』、『牛黄』、『羚羊角』は風前の灯火。
一部の商品は存続できましたが一気に売価が10.000円以上、価格が高騰しました。
牛黄清心元は10丸入り1箱は2.000円の値上げとなります。

この記事を書いたプロ

佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(有限会社 すみれ漢方施薬院薬局)

Share
関連するコラム

佐藤宣幸プロのコンテンツ