まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

コラム

クシャミ・鼻水・花粉症

漢方薬アラカルト

2018年4月24日 / 2018年8月10日更新

《本格的な花粉症シーズン対策》



※ボツボツと花粉症が目立ち始めましたが、主治医より処方された薬を飲んでいるのに昨年より効かなくなったという方が時にあります。
以前は朝食後に飲んだら効いていたのに最近は効かなくなり市販薬を追加で飲む事があるそうですが、これは薬が重複します。
こんな時には『処方せん薬』と併用できる『漢方薬』がお薦め。
漢方薬は『空腹時』に服用しますから食後に服用する『処方せん薬』と時間をあける事が可能です。

《休み時間にチッョと薬局でセルフ煎じ》












※『透明な鼻水』・『冷風に当たると悪化する』・『マスクや風呂で改善する「鼻づまり」』、これらは「冷え」に負けている証。
こんな時には「セルフ煎じ」で煎じた漢方薬湯で最適な漢方薬を飲んでみて下さい。
スーと楽なる効き目を体感して下さい。

※冷えに負けている時にはナンと言ってもコレ=『婦宝当帰膠』の「お湯割り」+「煎じ薬」が効きます。

《婦宝当帰膠を煎薬で「お湯割り」にします》




※『黄色い粘い鼻水』・『マスクや入浴時に悪化する鼻炎』には婦宝当帰膠は禁忌です。
専用の漢方薬がありますので当薬局の薬剤師にお訊き下さい。

※本格的な鼻炎シーズンの前に漢方薬で心身を壮健にして下さい。

この記事を書いたプロ

佐藤宣幸

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

佐藤宣幸プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤宣幸プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

担当佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

地図・アクセス

佐藤宣幸のソーシャルメディア

facebook
facebook

佐藤宣幸プロのその他のコンテンツ