まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
山根敏秀

企業の資金繰りや黒字化経営に精通する税務のプロ

山根敏秀(やまねとしひで)

税理士法人マネジメント/グランドリーム

お電話での
お問い合わせ
076-259-1305

コラム

「せめて土日位休ませて!」なんて・・・

自己啓発

2013年8月11日 / 2018年8月16日更新

社長の仕事の仕方で質問を受ける事に「土日の使い方」があります。
土日を休んで良いかとの質問です。

土日は取引先が休みだ。
土日まで齷齪したくない。
土日くらい家族団らんで・・・。

色々な理由をつけて働かないでおこうとする経営者が散見されます。
しかし、休むのは不正解です。
「働きなさい!」
これが答えです。



もしも土日する事が無いと言うならば
もしも土日に何をして良いか分からないというなら
経営者なのにあなたは甘えすぎです。
直ぐにサラリーマンに戻りましょう。
経営者は、常に自分のみならず従業員のすることも探さなければならないのです。

自分の土日に四苦八苦するくらいなら
経営なんかしない方が良いのです。

経営は甘いものではありません。
甘い考えの経営者は必ずと言って良いほど失敗します。

私が過去に経験してきた中で
「土日の休みの是非」を相談してきた経営者で
企業を順調に伸ばして行った方を見た記憶がありません。

それどころか土日に休みたいと言った方の多くが、既に廃業されています。
(私がやめた方が良いと言ったケースも多いのですが・・・。)
お分かりになって頂けるでしょうか?
特に創業期に休もうなんて考えているとしたら
それは、生まれて間もない子供から目を離すのと同じくらい危険な事なのです。
育児放棄(土日の休み)をしてはいけないのです。

辛いですか?
辛くても、せめてこども(会社)が自分の足で歩けるようになるくらいまでは
目を離さないようにしてください。
それが経営者というものなのです。

昨日よりも一歩でも前へ進みたい宣言ブログ!『日々改善』

わたしと共に中小企業の課題を解決したい方へ(採用のご案内)

この記事を書いたプロ

山根敏秀

山根敏秀(やまねとしひで)

山根敏秀プロのその他のコンテンツ

Share

山根敏秀プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-259-1305

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山根敏秀

税理士法人マネジメント/グランドリーム

担当山根敏秀(やまねとしひで)

地図・アクセス

山根敏秀のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-16
twitter
twitter
2018-08-16
facebook
facebook