マイベストプロ石川
山根敏秀

企業の資金繰りや黒字化経営に精通する税務のプロ

山根敏秀(やまねとしひで)

税理士法人マネジメント/グランドリーム

お電話での
お問い合わせ
076-259-1305

コラム

「はたらく」の捉え方

2014年5月18日 公開 / 2019年1月17日更新

テーマ:自己啓発

働く環境を変えれば仕事が面白くなるのでは?
そんなことを思ったことは無いでしょうか?

普段私達が仕事をするとき、「働く」と言います。
働くは「周囲が楽になる」から働く(傍楽(はたらく))と言うのだと教わってきました。

確かに、「働く」を「面白くない」、「辛い」、「厄介だ」
そんなことを思っていると「働苦」になってしまいます。

しかし、同じ働くでも、一定の目的を持ち、楽しく、達成感を持つ
そんな風に捉えると「働楽」になります。

なんでもそうですが嫌だ嫌だと思うと辛くて苦になるばかりですが
楽しんでやると自分も周囲も笑顔でいっぱいになります。

まさに「働く」は「働楽」でありたいものですね。1

昨日よりも一歩でも前へ進みたい宣言ブログ!『日々改善』

わたしと共に中小企業の課題を解決したい方へ(採用のご案内)

この記事を書いたプロ

山根敏秀

企業の資金繰りや黒字化経営に精通する税務のプロ

山根敏秀(税理士法人マネジメント/グランドリーム)

Share
関連するコラム