まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
山本勝之

介護事業に効果的な労務アドバイスを送るプロ

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

コラム

介護職員に有休(年休)が取りやすくなれば・・・

年次有給休暇(年休・有休・有給)は、労働者に与えられている権利です。

有休の日数が残っていれば、休む日を希望することができます。


介護施設・事業所では、人員不足があると、なかなか勤務がない
公休日以外に、有休を取りずらい声を耳にします。

しかし、人員基準ぎりぎりの状態で運営していると、
職員が病気で急に出勤できなくなると、
たちまち人員不足に陥る、
誰か無理に出てもらうことが必要になります。

この点でも、人員に余裕を持たせておく必要があります。


人員に余裕があれば、有休をとることができるようになり、
職員の子どもの学校行事への参加や
職員自身のリフレッシュに使うことができます。

休みが取りやすい職場は、離職率が下がる調査結果もあります。


人員に余裕を持たせ、有休(年休)が取りやすい職場作りを
目指しましょう。





~こちらの記事も、続けてご参考ください~
・介護事業所・施設での働き方改革
・介護施設・事業所では、権利だけでなく義務も忘れずに

※現在、過去のコラムの記事を、再構成や一部修正を行っています。
ご了承ください。



~介護・福祉の職場をサポートしています~
メールマガジン「労務と人材育成のヒント」を毎週火曜日の朝にお届けしています。
別の内容をお届けしていますので、登録をいただき、こちらもご参考ください。
https://www.directform.info/form/f.do?id=1834

この記事を書いたプロ

山本勝之

山本勝之(やまもとかつゆき)

山本勝之プロのその他のコンテンツ

Share

山本勝之プロのその他のコンテンツ