まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
グレン・ブラウン

ビジネス英語研修のプロ

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

お電話での
お問い合わせ
078-570-5647

コラム

英文ビジネスメール~すぐに読んでもらえる件名の書き方 

英文ビジネスメール・ミニレッスン

2014年12月9日 / 2017年11月26日更新


ビジネスメールを英語で書く際、まず件名をどうするかでお悩みの方は多いと思います。ライティングコースで受講生の方と練習していますと、件名がやはり難しいと多くの方が言われます。そこで今日はもう少し詳しく、呼んでもらうための上手な件名の書き方をお伝えします。

良い件名を書くための3つの条件

多数ある受信メールの中から削除されずにいち早く読んでもらうために、件名をどう書くかは重要です。良く書かれた件名であれば、内容がそれだけで見て取れます。受信者の手間を省くことができますし、早く読んでもらえれば送信者の仕事の能率アップにつながります。そのためには次のようなことが必要です。

1.動詞(またはその派生語)を入れること 
2.短く書く。冠詞などは省略してかまわない 
3.単語数は7~8語が適切

良い件名の例

それでは、具体的に良い件名の例を見てみましょう。
●Updated schedule for April 10 meeting 「4月10日の会議のスケジュール変更」
●Need you to do presentation at trade show 「見本市でプレゼンテーションをしてもらいたい」
●Shipment delayed 3 days due to typhoon 「台風のため、発送に3日の遅れ」
●Vacation request for May 1 – 7 「5月1日から7日までの休暇願い」
●New procedure for order placements 「発注に関する新しい手順」
●Change of contact person notification 「担当者変更のお知らせ」
●Review agenda for project team meeting 「プロジェクトチーム会議のアジェンダ再考」

このように、わずか5~8語でもここまで内容が伝えられるのです。

件名を英語で考える練習

では、実際に件名を考えてみましょう。次のような状況でのメールに、件名は何と書けばよいでしょう?
1. 3月20日に会議のためにニューヨーク支店へ行く。旅行社に当たってみたが、あまり感じが良くないので、そちらでホテルの手配をお願いしたい。

2. ついに我が社の新製品の情報が入ったという緊急の知らせ。価格表は追って知らせる。

3. 商品番号2341の到着を待っているのだが、注文から1週間たったのにまだ届かない。遅延の説明もないので、至急に連絡がほしい。

4. 取締役会でのプレゼンで必要なので、間に合うように下四半期の数字をデータを明日の朝までにもらいたい。

5. 新製品の製造ラインを検査するために、御社の工場を来週訪問したい。都合を聞かせてほしい。

是非、トライしてみてくださいね。答えは次回に!

神戸ビジネススクール(株)では、ビジネスに本当に役立つ英語を効果的に学ぶことができます。社内企業研修から個人レッスンまで、英語でお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください。無料体験レッスンも実施中です。
https://www.kobebs.com/contact/

この記事を気に入ってくださったら、こちらもおすすめです
メールの宛名は全部 Dearでいい?~英文ビジネスメール・ミニレッスン
英文ビジネスメール・ミニレッスン 「突然メールを差し上げます」 

『経営者のためのビジネス英語レッスン』実施中!

春のキャンペーンも同時開催!
詳しくはこちらからどうぞ

この記事を書いたプロ

グレン・ブラウン

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

グレン・ブラウンプロのその他のコンテンツ

Share

グレン・ブラウンのソーシャルメディア

rss
神戸ビジネススクールブログ
2013-01-01
facebook
Facebook