まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
グレン・ブラウン

ビジネス英語研修のプロ

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

お電話での
お問い合わせ
078-570-5647

コラム

英文ビジネスメール・ミニレッスン 「突然メールを差し上げます」

英文ビジネスメール・ミニレッスン

2013年2月1日 / 2017年11月14日更新

面識のない人に突然電話や手紙、メールを送るときに必ず使う言い回しが日本語にはあります。「突然のお電話、失礼いたします」「突然このようなお便りを差し上げることをお許しください」等々。それに慣れていると、英語でもそれが必要なのではないかと思われるでしょう。しかし、英語圏において、特にメールでは面識のない相手にビジネスメールを送ることは失礼でも何でもありません。ですから、謝りながら書き始める必要はないのです。

例1≫「突然メールを差し上げます失礼をお許しください」
  I apologize for this sudden message.

日本語でもあまり最近は無礼とは思われないので、ここまで書かなくてよいでしょう。「メール」は、そのままだと"mail"ですが、これは英語では通常郵便を指します。手紙のみならず、小包なども含まれることがありますので、"e-mail"とはっきり区別しなくてはいけません。普通は"message"をよく使います。

例2≫ 「初めてメールを差し上げます」
  Hello. This is my first time to write you.

これは書いたほうが良いでしょう。 "Hello"は実に意味が広い言葉で、丁寧度も低くはありません。「こんにちわ」だけでなく「初めまして」「どうもどうも」など、万能に使えます。親しい間柄なら"Hi"を使います。

例3≫ 「御社のホームページを拝見して書いております」
  I am writing this after visiting / seeing your website.

例4≫ 「御社のホームページで拝見したXYZについて書いております」
  I am writing about XYZ that I saw on your site.

例5≫ 「来週行われる御社の展示会に興味があり、書いております。」
  I am writing this as I am interested in your exhibition next week.

例6≫ 「御社の新しいサービスについて伺いたく、書いております」
  I am writing to inquire about your new service.

"I am writing ..." これは一般的に広く使われる書き出しです。このように紹介なしでいきなり相手にアプローチすることはごく普通になりました。相手をどうやって知ったかを最初に書くと、好感を持ってもらえるでしょう。誰でも興味を持ってもらえると嬉しいものです。
次の行で自己紹介を短くすればそれでOKです。まずは書き始めてみましょう!

関連するこちらのコラムも是非お読みください
英文ビジネスメール・ミニレッスン「いつもお世話になっております」
英文ビジネスメールミニレッスン 「文字化けして読めません」
英文ビジネスメールミニレッスン "Hi John"は許される?

神戸ビジネススクール(株)では、ビジネスに本当に役立つ英語を効果的に学ぶことができます。社内企業研修から個人レッスンまで、英語でお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください。無料体験レッスンも実施中です。
https://www.kobebs.com/contact/

『経営者のためのビジネス英語レッスン』実施中!

春のキャンペーンも同時開催!
詳しくはこちらからどうぞ

この記事を書いたプロ

グレン・ブラウン

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

グレン・ブラウンプロのその他のコンテンツ

Share

グレン・ブラウンのソーシャルメディア

rss
神戸ビジネススクールブログ
2013-01-01
facebook
Facebook