まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
能島孝志

お墓のプロ

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

お電話での
お問い合わせ
0120-75-6148

コラム

お墓のごまかし加工や産地偽装①“ごまかし加工”が行なわれる背景/神戸新聞マイベストプロ神戸主催セミナー「お墓選びで知っておきたい5つのポイント」おさらい

無料セミナー

2011年12月1日 / 2014年8月1日更新



~あまり知られていないお墓の流通経路
⑤最終話:安心できる中国産墓石とは?/神戸新聞マイベストプロ神戸主催セミナー
「お墓選びで知っておきたい5つのポイント」おさらい
(2011.11.19コラム)からのつづきです~

前回までのコラムでは、皆様がお買い求めになられるお墓の大半は、
皆様の自宅の近くの石材店がつくっているのではなく、
石材商社を通じて中国の石材加工工場でつくられ、
完全に出来あがったお墓として石材店に届けられる、
という現在の「お墓の流通経路システム」についてと、
そこで生じる“製品のバラつき”についてお話させていただきました。

さて、今回からはこの“製品のバラつき”が中国石材加工工場における、
石職人の技術的な問題や不可抗力によって生じたものではなく、
意図的な「ごまかし加工」によることについてのお話をさせていただきます。

お墓の材料として使用される石は、自然の大地から採掘されます。

様々な鉱物の結合により形成されており、キズや色むら、斑点などもあり、
当然すべてが均一に整った石目・色目ではありません。

そうして採掘された原石のうち、実際に墓石として使用できるのは、
採掘された全体量の約半分から8割程度です。

世界一の銘石と称される香川県産の「庵治石細目」に至っては、
最高級墓石として市場に出されるのは全体の約3%しかありません。

日本では古来より石職人が、これらの石からキズや色ムラのある部分を避け、
均一の石目・色目の部分だけを選り分けてお墓づくりをしてきました。

それゆえに、お墓は国産の石材しか無く、非常に高価なものでした。

ところが、1990年代の頃から中国での墓石製作が始まりました。

これにより、お墓は高価なものだけではなく、
「墓石セット○○円!」といった、お手頃価格の中国産墓石が市場に出てきました。

ここまでなら、何の問題も無かったのですが、
より安価なものを求める消費者に応えるためと、
売り手側がより多くの利益を追求しようと考え、
本来ならば使わないような石に、熱処理や薬品を使用し、
キズや色ムラなどを隠し、染料で着色を施し製品に仕上げるなど、
様々な“ごまかし加工”が行なわれるようになりました。

近年世間を騒がせた、建築耐震偽装事件や数多くの食品偽装事件と同じです。

しかし、厄介なことに墓石業界には、「建築基準法」や
「食品衛生法」のような規定法律が無いため、
現在でも中国の石材加工工場では当たり前のように、
“ごまかし加工”を行っているところも決して少なくありません。

石は何万年、何億年と、長い年月を経て形成され、
人間が自然界から授かった貴重な天然資源です。

人間の体にホクロなどがあるように、石にも様々な部分があるのは当然です。

しかし、消費者側からすると、いくら自然のものといえど、
キズや色ムラ、斑点などがあるお墓を買うことは許せないことです。

だが、買う側からすれば「価格は安い方がいい!」

だからといって、“ごまかし加工”がいいとは言えませんが、
このあたりに、「お墓のごまかし」が行なわれる背景があるのです。

お墓は「高ければ良い」というものではありませんが、
他の商品と同じく、極端に安すぎるものに良いものはありません。




              ~つづく~




「オリジナルデザインのお墓」について詳しくはこちらまで
http://www.daiichisekizai.com/design/cat_cat152/
神戸の「お墓のプロ」、(株)第一石材・能島孝志の神戸新聞取材記事はこちら!
http://pro.mbp-kobe.com/daiichisekizai/
神戸・兵庫・阪神間の“いいお墓づくり”は「和型墓石」から「デザイン墓石」まで第一石材へ
http://www.daiichisekizai.com/

この記事を書いたプロ

能島孝志

能島孝志(のじまたかし)

能島孝志プロのその他のコンテンツ

Share

能島孝志のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-08-14
google-plus
Google+
facebook
Facebook