マイベストプロ富山
坪田聡

医学とコーチングから睡眠の質を高めるプロ

坪田聡(つぼたさとる) / 医師

雨晴クリニック

コラム

昼間の眠気、放っておいて大丈夫? 原因と対策を解説

2024年5月12日

テーマ:睡眠障害

コラムカテゴリ:美容・健康

仕事や勉強中に突然襲ってくる眠気、つい居眠りしてしまう…そんな経験は誰にでもあるでしょう。しかし、日中の強い眠気が頻繁に起こる場合は、単なる睡魔ではなく、睡眠障害のサインかもしれません。

■日中の強い眠気が起こす問題



日中の強い眠気は、集中力や判断力の低下、事故のリスク増加、学業や仕事への悪影響など、様々な問題を引き起こします。また、うつ病やナルコレプシーなどの病気が潜んでいる可能性もあり、放置すると深刻な事態を招く恐れもあります。

■日中の強い眠気の原因となる病気や生活習慣


日中の強い眠気の原因は、大きく分けて3つあります。

・睡眠不足: 最も一般的な原因です。夜間の睡眠時間が足りない、睡眠の質が悪いなどが考えられます。
・睡眠時無呼吸症候群: 睡眠中に呼吸が止まる病気です。日中に強い眠気や倦怠感を感じることが多いのが特徴です。
・その他の病気: うつ病、ナルコレプシー、脳腫瘍、甲状腺機能低下症など、様々な病気によって日中の強い眠気起こることがあります。

生活習慣では、以下のようなものが原因と考えられます。

・不規則な生活:昼夜逆転の生活、休日と平日の睡眠時間の差が大きいなどが原因となります。
・運動不足:運動不足は、睡眠の質を低下させ、日中の眠気を招きます。
・ストレス:ストレスは、自律神経のバランスを乱し、睡眠障害を引き起こす可能性があります。
・カフェインやアルコールの過剰摂取:カフェインやアルコールは、一時的に覚醒効果がありますが、その後、強い眠気を引き起こすことがあります。

■日中の強い眠気の治療や自分でできる対策


日中の強い眠気の治療法は、原因によって異なります。

睡眠不足の場合は、睡眠時間を確保し、睡眠の質を高めることが重要です。
睡眠時無呼吸症候群の場合は、CPAP療法などの治療を受ける必要があります。
その他の病気の場合は、原因となる病気を治療することで、日中の眠気の症状も改善されます。

自分でできる対策としては、
・十分な睡眠時間を確保する
・規則正しい生活習慣を心がける
・適度な運動をする
・バランスのとれた食事を心がける
カフェインアルコールを控える
ストレスをためない
などが有効です。

■日中の強い眠気で医療機関を受診する際のポイント


以下のような場合は、医療機関を受診することをおすすめします。

・日中の強い眠気が日常生活に支障をきたしている
・睡眠時間を十分にとっているにもかかわらず、ひどい眠気に襲われる
居眠りをしてしまうことがある
・上記に加えて、金縛り幻覚麻痺などの症状がある

医療機関では、問診や検査を行い、日中の強い眠気の原因を診断します。適切な治療を受けることで、日中の眠気の症状を改善し、日常生活の質を高めることができます。

日中の強い眠気は、適切な対策によって改善することができます。ひどい眠気に悩まされている場合は、一人で抱え込まず、医療機関を受診することをおすすめします。

雨晴クリニックでは、 昼間の眠気が強い(過眠症状)の方の診療を行っています。

この記事を書いたプロ

坪田聡

医学とコーチングから睡眠の質を高めるプロ

坪田聡(雨晴クリニック)

Share

関連するコラム

坪田聡プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0766-44-8061

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坪田聡

雨晴クリニック

担当坪田聡(つぼたさとる)

地図・アクセス

坪田聡プロのコンテンツ

  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ富山
  3. 富山の医療・病院
  4. 富山の心療内科・精神科
  5. 坪田聡
  6. コラム一覧
  7. 昼間の眠気、放っておいて大丈夫? 原因と対策を解説

© My Best Pro