まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
桐生英美

中小企業の経営を支える人事総務コンサルタント

桐生英美(きりゅうひでみ)

日本経営サポート株式会社

コラム

成績不良の社員から「辞めたい」と言ってきたとき

人事トラブル

2018年1月9日

【ご相談】
成績不良で辞めてもらいたいと考えていた社員に指導をしたら、「辞めたい」と言ってきました。
ちょうどいいタイミングだったので、
「じゃあ。明日から来なくて良いよ。」と伝えましたが、大丈夫ですか?

【ワンポイント】
大変、よくない対応をしましたね。
実務的には、退職手続きをしないといけないので、後日出社してもらい手続きをすることになります。
ところが、本人が呼び出しに応じず、音信普通になるとトラブルに発生します。

素直に呼び出しに応じないときに、予想されるケースは、「不当解雇」だと弁護士などから内容証明が来るでしょう。

これまでの指導のやり取りを聞かないと何とも言えませんが、
本人から退職する、という意思表示をしたという確実な証拠がありません。
次の日から出社していないということが、確たる証拠だ、と主張したいのですが、
この状態は、社員のほうから退職の申し出をしたとも、また会社のほうから解雇したとも、
どちらともとれる状態です。

口頭でしか社員が退職の申し出をしていない場合には、裁判上は解雇と認定されるリスクもあります。

社員から「辞めます」と言って来たときは、すぐに「退職願」などを書いて、提出してもらうとよいでしょう。

そして、社長や上司は、その場の感情で「出てこなくていいです」などと言ってしまいたいのですが、
ここはグッとがまんして安易にそのようなことは言わないようにしましょう。

このようなケースがおきそうなときは、ぜひご相談ください。

ヒトがヒトを呼び、業績が上がる「採用力」を育成します。

採用力育成コンサルティングはこちら
日本経営サポート株式会社コンサルティング事業部

この記事を書いたプロ

桐生英美

桐生英美(きりゅうひでみ)

桐生英美プロのその他のコンテンツ

Share

桐生英美プロのその他のコンテンツ