まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
高塚哲治

欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導くプロ

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

コラム

「神戸ルミナリエ」12月17日まで開催

旬の話題

2017年12月11日 / 2018年8月27日更新

 「神戸ルミナリエ」は、「阪神・淡路大震災」による犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災が発生した1995年の12月に初めて開催されました。
 これ以来、震災の記憶を語り継ぎ、都市と市民の「希望」を象徴する行事として、毎年開催され、2017年で23回目を迎えます。開催期間は、12月8日から17日までの10日間です。
 2015年に企業からの協賛金の減少に伴い、会期を2日間減らしていますが、今年も15年、16年に続き10日間の開催となります。
 昨年は、15年並みの325万人の来場者を記録したものの、会場募金総額は15年比13.1%減の4238万円であったようです。
 訓練費用や警備単価の上昇で支出が増え、単年度では200万円の赤字となったもようで、収入確保が課題となっているといいます。








(讀賣新聞2017.12.09抜粋)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

高塚哲治

高塚哲治(たかつかてつじ)

高塚哲治プロのその他のコンテンツ

Share

高塚哲治のソーシャルメディア

rss
ブログ
2017-02-06
twitter
Twitter
2018-08-29
facebook
Facebook
google-plus
Google+