まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
高塚哲治

欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導くプロ

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

コラム

「浜寺公園駅旧駅舎」(文化財)の「曳家工事」開始

名建築/迷建築

2017年12月4日 / 2018年8月27日更新

 110年前に建てられ、国の登録有形文化財である南海本線「浜寺公園駅旧駅舎」を、建物ごと近くの広場まで約30m移動させる「曳家工事」が始っています。
 1907年に完成した洋風木造の旧駅舎は、「東京駅」などを手掛けた建築家「辰野金吾」の事務所が設計した「駅舎」で、駅周辺の高架化に伴い昨年1月に閉鎖されるまで、私鉄では国内最古の現役「駅舎」だったといいます。
 工事は、12月18日まで3回に分けて実施される予定で、約130tの建物を専用のレールを使って1回約10m移動させるようです。
 この「駅舎」は、2028年に完成する新駅の玄関部分として活用される予定で、それまでは、広場で市民の交流スペースとして利用するといいます。




(讀賣新聞2017.12.01抜粋)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

高塚哲治

高塚哲治(たかつかてつじ)

高塚哲治プロのその他のコンテンツ

Share

高塚哲治のソーシャルメディア

rss
ブログ
2017-02-06
twitter
Twitter
2018-08-29
facebook
Facebook
google-plus
Google+