まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
高塚哲治

欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導くプロ

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

コラム

「メガバンク」店舗の統廃合が活発:IT活用(「フィンテック」)

旬の話題

2017年10月30日 / 2018年8月15日更新

 「銀行」の経営環境が厳しさを増しています。
 マイナス金利の導入以降、融資による収益は低下する一方で、手数料収入を大幅に増やせる見込みもないといいます。
 海外事業の伸展で利益を稼ぐにも限界があり、残る手段はコスト削減しかなくなりつつあるようです。
 実際に、「三井住友フィナンシャルグループ」は人員再配置で4000人分のスリム化が行われると報じられ、他行も追随してます。
 「メガバンク」各行は独自の仮想通貨を開発するなど、「フィンテック」に対する取り組みを活発化させていますが、「日本」の場合は、「フィンテック」導入は、コスト削減というニュアンスが強いのが実態だといいます。
 【「フィンテック」は、金融(finance)と技術(technology)を組み合わせた造語】






(讀賣新聞17.10.29 抜粋)

(讀賣新聞17.10.30 抜粋)

(讀賣新聞17.10.30 抜粋)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

高塚哲治

高塚哲治(たかつかてつじ)

高塚哲治プロのその他のコンテンツ

Share