まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
高塚哲治

欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導くプロ

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

コラム

「大エルミタージュ美術館展」:兵庫県立美術館

旬の話題

2017年9月27日 / 2018年8月27日更新

 「帝政ロシア」の首都「サンクトペテルブルク」を今も続く芸術文化の都へと導いたのが、女帝「エカテリーナ2世」(在位1762~1796)です。
 1764年に「エカテリーナ2世」が「ベルリン」の実業家から317点の絵画コレクションを取得したことが、「エルミタージュ美術館」の始まりといわれています。
 その後も、歴代皇帝が国家の威信をかけて美術品を収集し、「エルミタージュ美術館」は、世界でも類を見ないほどの質と規模を誇る美術館となりました。
 この度、「東京展」「名古屋展」を経て、「大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」が「兵庫県立美術館」で開催されます。
 この展覧会において、「エルミタージュ美術館」の1万7千点に及ぶ絵画コレクションの中でも特に充実する《16世紀ルネサンス》から《17・18世紀のバロック・ロココ》の「オールドマスター」たちの名画85点を国、地域別に紹介しています。
 「エカテリーナ2世」が、1764年に取得した作品をはじめ、在位中に収集した作品が数多く含まれ、美術館の歴史から絵画コレクションの背景を知ることもできます。
 「ティツィアーノ」「クラーナハ」「ルーベンス」「ヴァン・ダイク」「レンブラント」「スルバラン」「フラゴナール」等々、美術史に燦然と輝く巨匠たちの名画が一堂に会します。










(讀賣新聞17.09.25 抜粋)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

高塚哲治

高塚哲治(たかつかてつじ)

高塚哲治プロのその他のコンテンツ

Share

高塚哲治のソーシャルメディア

rss
ブログ
2017-02-06
twitter
Twitter
2018-08-29
facebook
Facebook
google-plus
Google+