まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
高塚哲治

欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導くプロ

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

コラム

「樹脂アンカー」の劣化検査は無理:「笹子トンネル」事故

欠陥住宅

2013年5月14日 / 2018年8月27日更新

 中央自動車道「笹子トンネル」で発生した【天井板の崩落事故】で問題となった「アンカーボルト」の接着具合について、国が定める「打音検査」と呼ばれる従来の手法では、安全確認が十分できないことが国土交通省の調査で判明しました。
 崩落の原因とされる「接着剤」の劣化を正確に把握できないためです。国土交通省は、全国13箇所の同構造のトンネルについて、専用機器でボルトを引っ張って強度を確認する「負荷試験」を追加し、改めて安全確認を行うよう道路管理者に求めたようです。
 従来から指摘があるように、「樹脂アンカー」(ケミカルアンカー)を安易に使用することは避けるべきです。


《讀賣新聞13.05.06》


《讀賣新聞13.05.06》

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

高塚哲治

高塚哲治(たかつかてつじ)

高塚哲治プロのその他のコンテンツ

Share

高塚哲治のソーシャルメディア

rss
ブログ
2017-02-06
twitter
Twitter
2018-08-29
facebook
Facebook
google-plus
Google+