まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
高塚哲治

欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導くプロ

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

コラム

【沈下修復工事】:曳き家工法「欠陥住宅(46)」

欠陥住宅

2013年2月14日 / 2018年8月27日更新

 「曳き家(ひきや)工法」は、建物を解体しないで移設したい場所まで水平に移動させる工法です。
 建築物をそのまま再利用でき、「新たに建築するよりも低コスト」「解体による産業廃棄物が発生しない」「鉄骨・コンクリートなどの製作時に発生するCO2を削減できる」など、コストが抑えられ、環境にもやさしいといえます。「曳き家(ひきや)工法」には【下腰工法】【上腰工法】【基礎共移動工法】という3つの方法があります。
 「曳き家(ひきや)工法」には、物理的/経済的/法律的な制限があり、採用にあたっては専門家に相談が必要です。
《資料は、「積算資料ポケット版2013」抜粋》











タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

高塚哲治

高塚哲治(たかつかてつじ)

高塚哲治プロのその他のコンテンツ

Share

高塚哲治のソーシャルメディア

rss
ブログ
2017-02-06
twitter
Twitter
2018-10-04
facebook
Facebook
google-plus
Google+