マイベストプロ大阪
舘慶仁

低コストで納得のいくリフォームをする専門家

舘慶仁(たちよしひと)

リフォームワーク

お電話での
お問い合わせ
06-6195-4552

コラム

長屋リフォーム 外観ビフォーアフター

2016年10月29日 公開 / 2016年10月31日更新

テーマ:長屋リフォーム

長屋などの築年数の古い建物のリフォームを考える際、完成後のイメージは気になるところです。
「こんな古い建物が美しくよみがえるのか?」
「仕上がりを過度に期待しない方がいいのか?」
「希望のデザインを要求できるのか?」
など、せっかくお金をかけるのだから、ある程度の仕上がりは当然期待したいものです。一方で建物が古いだけに、どれだけきれいに仕上がるのか予想ができないという気持ちは最もです。
そこで今回、過去に弊社でリフォームした築古の建物の外観のビフォーアフターを紹介しましょう。
費用の掛け方でその様子は様々ですが、それでも手をかけた分建物はきっちり蘇っています。


before

after
築40年の長屋の端家です。
窓、玄関ドアを入れ替え、外壁は前面だけジョリパットで仕上げ南欧風に、他の面はしい婚弾性塗装で仕上げ予算を抑えました。


before

after
こちらもかなりの築古の長屋です。もうベランダが剥がれ落ちそうですね。
ベランダはある程度解体し、補強し再生、外壁はサイディングを貼り玄関扉を入れ替えました。



before

after
築50年の長屋です。以前は1階は倉庫でした。
1階をガレージにし、外壁はジョリパットで仕上げました。


before

after
西成区の商店街の店舗住宅です。
こちらも築80年以上になります。
オーナー様ご自身で居酒屋をされるという事で、こだわったつくりになりました。


before

after
こちらも西成区の商店街の店舗住宅で築80年以上です。
こちらは貸店舗にするという事でリーズナブルに仕上げました。


before

after
こちらは使ってない和室を解体しガレージにするリフォームです。
ブロック塀、裏口、を壊してシャッターをつけてガレージに生まれ変わりました。

このように、いくら建物が古く、手の付けようがないと感じていても、また使い勝手が悪くうまく機能していない空間があったとしても、手を加えることで建物は蘇り、活用していくことにより建物はこれからも住み続けていくことができるのです。
工事前と工事後とではその様相はは大きく違って見えます。
それは思い切ってお金をかけて工事をするからこそ大きく変わるのです。
建物に新しい息吹が生まれることになるのです。

長屋、古家を再生し、建て替えの1/3の価格で新築同然に住める
尼崎市で連棟長屋1室を賃貸用にする予算を抑えたリフォーム 
築40年の長屋を快適に住む為の低価格リフォーム
尼崎市で築50年の連棟長屋を快適に暮らせるリフォーム 

リフォームワーク社長のブログ
長屋などの全面改装リフォーム弊社施工例

長屋のリフォームをお考えならリフォームワークへ!
リフォームワーク社長 舘慶仁のすべてがわかるブログ

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  
あの古家がこの予算で変わる リフォームワークのHP

この記事を書いたプロ

舘慶仁

低コストで納得のいくリフォームをする専門家

舘慶仁(リフォームワーク)

Share
関連するコラム