マイベストプロ大阪
舘慶仁

低コストで納得のいくリフォームをする専門家

舘慶仁(たちよしひと) / 大工

リフォームワーク

お電話での
お問い合わせ
06-6195-4552

コラム

長屋などの狭小住宅の階段の配置について

2016年8月27日 公開 / 2016年8月30日更新

テーマ:長屋リフォーム

コラムカテゴリ:住宅・建物

戸建て住宅の場合、上下階の移動に不可欠なのが階段です。
実は階段の位置を変えるだけで部屋の行き来がしやすくなったり、間取りのバリエーションの選択肢が多様になります。
廊下に階段があるのが一般的ですが、中にはリビングなど部屋を通って階段を昇る間取りのとり方もあります。
リビングのプライバシーを守ろうとするなら、そのような階段は採用しない方がいいのですが、あえて、家族の気配を感じるために、家族が集まる部屋を通って階上に昇るという階段の位置取りもよくあるケースのひとつです。
リフォームの際、階段の位置を変えるだけで、各部屋それぞれ独立した空間にすることもできるます。
さらに、特に長屋などの狭小住宅の場合、限られた空間の中でいかに居住空間を広くとるかという問題に関して、階段の配置が大きなポイントになります。
また階段の傾斜にも注目しなければなりません。
現在の日本の住宅の場合、通常13~14段になっているのですが、築の古い家や狭い長屋などでは段数が少なく、傾斜が急なことが現実です。
子供やお年寄りのいるお宅では、緩やかで昇り降りしやすい階段の設置を考えなければなりません。
更に滑り止めや手すりなど安全性にも配慮が必要です。

壁に沿ってまっすぐの直階段


スペースを有効に使いたいなら、壁沿いに配置すると空間に無駄がありません。

折り返し階段


折り返し階段を配置することによって、自由に使える空間を多く確保できます。
特に間口の狭い奥行きのある建物には、特に有効に活用できます。

階段下の空間を有効利用!


階段下は大容量の収納スペースになっります。
大いに活用しましょう。

階段の配置ひとつで間取りは大きく変わります。
いかに上手に限られた空間を、最大限活用できるかの重要なポイントになります。
住み手のニーズに合わせて考えていきましょう。

階段リフォームは上貼りで低コストリフォーム
和室を洋室化リフォームする中、実用的な和室リフォームアレンジ
長屋などの古家の腐った柱はどう対処すればいいのか。
長屋などの古家をリフォームする際の優先すべきポイント

リフォームワークの事

長屋のリフォームをお考えならリフォームワークへ!
リフォームワーク社長 舘慶仁のすべてがわかるブログ

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  
あの古家がこの予算で変わる リフォームワークのHP

この記事を書いたプロ

舘慶仁

低コストで納得のいくリフォームをする専門家

舘慶仁(リフォームワーク)

Share
関連するコラム