マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

サブリース契約(一括借上げ)は安心、安定経営か?

2019年1月11日 公開 / 2019年1月18日更新

テーマ:不動産トラブル

賃料改定周期の明確化


●サブリース方式とは
貸主(所有者)⇔サブリース業者(借主兼転貸人) 原賃貸借契約締結
サブリース業者(転貸人兼貸主)⇔一般借主    賃貸借契約締結


サブリース(転貸)標準契約書では、「原賃貸借契約の賃料は、2年ごとに賃料の改定を行なう」と定められています。

賃料の固定期間が2年間とされているのは、市場予測をもとに一定額の支払をすることができる期間として、2年程度が妥当と考えられているからです。

サブリース業者(転貸人)から貸主(所有者)に支払われる賃料額が2年間安定することで貸主の保護が図れる一方で、必ずしも長期的に保証(固定)されたものではないことを明確にすることで、サブリース業者の保護も考慮し
ているわけです。

●なお、サブリース方式による管理の場合、2年間の賃料固定期間の定めがありますが、貸主(所有者)に対してサブリース業者(転貸人)は借主の立場として賃料減額請求を行なうことも可能となります。

「○○年、一括借り上げ安心、安定経営」、よく聞くフレーズですが、安定が長期固定されているわけではありません。
●○○年、新築時の賃料でないことは、確かなことです。


●一般的に賃料の固定期間は2年間ですが、サブリース業者によっては、5~10年間などもあります。しかし、固定期間が長ければ長いほど、期間満了後の賃料の減額は厳しいものとなります。



○営業時間
平日9:00~17:00 土曜日9:00~13:00
○定休日
日曜・祝日
○随時、不動産相談の受付をしています。
○電話相談も受付しています。
不動産買取ります。

この記事を書いたプロ

宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(有限会社富商不動産販売)

Share
関連するコラム