まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

仮登記とは?物権保全と請求権保全。

私の不動産コンサルタントに対する想い。

2016年4月5日 / 2018年8月18日更新

良く聞く言葉、仮登記とは。


仮登記には、①物権保全の仮登記と②請求保全の仮登記があります。①は、
例えば、売買契約を締結したことにより「所有権」は買主に移転しましたが、
登記申請に必要な一定の情報を提供できない場合など、(手続き上の要件
が揃わない場合等)に、その移転した所有権を確保するための登記となります。

一方、②は、例えば、売買の予約等の成立により、まだ所有権は売主の下に
ありながら、買主が不動産の請求権を取得した場合等に、その請求権自体を
確保するための登記となります。(注1)

いずれも、比較的簡易な方法で申請できますが、仮登記をしただけでは対抗
力は有しません。
ただし、将来その仮登記に基づく本登記がなされると、仮登記した時点にまで
さかのぼり対抗力が認められます。(注2)

なお、仮登記の申請も原則として共同申請となりますが、仮登記の登記義務者
(売主)の承諾があり、その情報を提供するこにより、登記権利者(買主)の単独
申請も可能となります。

(注1)② 請求保全の仮登記のケース。
・Aさんから、3000万円借りたBさん。その担保としてBさんが支払いを怠った場合、
Bさん所有の土地をAさんに売却するとの売買の予約が成立しました。
そこでAさんは、Bさん所有の土地に「所有権移転請求権保全」の仮登記をしました。
などのケースもあります。

(注2) 仮登記でも油断は出来ません。
仮登記だけでは登記本来の効力を有しませんので、仮登記のついている不動産
でも自由に売買することが可能です。しかし、後日仮登記に基づいて本登記がな
された場合には、その本登記が優先します。

登記の意味と登記できる権利とは。


○随時、不動産相談の受付をしています。 メールでの受付は
○メールでのご相談もお受けしています。  メールでの相談は
料金表
セミナー

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス