まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
折山旭

働く人と組織を活き活きと輝かせるプロ

折山旭(おりやまあさひ)

信州ライフキャリア研究所

コラム

良い言葉や情報を伝える

幸せの提案

2018年4月20日 / 2018年9月21日更新



【ライフキャリアコーチング】

人はとかく、足りないものや欠けているものに目が行きがちです。

誰にでも、ついつい他人のできていないところや不満を口にしてしまうことがあります。
ただ、それをいつも口にしているとしたら要注意です。

なぜなら、それは他人のことではなく、自分自身のことだからです。

人には価値観の枠があります。
自分が見たり聞いたりしていることは、自分が意識しているものやことに他なりません。

「人の振り見て我が振り直せ」ということわざは、正にそのことを言い表しています。
他人のできていないところや不満は、自分にも足りない・欠けているものだからこそ目が行くのです。

もしも誰かの悪口が思い浮かんだときには、それを言葉にするのではなく、「自分も気を付けよう」と意識してみるといいかもしれません。

反対に、「この人は素敵だな」「素晴らしいな」と感じることは、あなたが大切にしていることでもあり、なりたい自分でもあります。
人には自己イメージにあることを実現しようとする、実現傾向があります。
相手の良いところに意識を向けて良い言葉や情報を伝えることは、自己イメージにプラスが入り、自分の良いところを伸ばすことにもつながります。

なりたい自分に近付くために、日頃から良い言葉や情報を口にするようにしましょう。

「相手のどんなところが、素晴らしいと思いますか?」

ライフキャリアカウンセラー
折山 旭

働く人の活き活きライフキャリア実践講座

ライフキャリアカウンセラー折山 旭のブログで配信中。
信州ライフキャリア研究所のFBページでも配信中です。
「いいね!」していただけたら嬉しいです♪

この記事を書いたプロ

折山旭

折山旭(おりやまあさひ)

折山旭プロのその他のコンテンツ

Share

折山旭プロのその他のコンテンツ