まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
折山旭

働く人と組織を活き活きと輝かせるプロ

折山旭(おりやまあさひ)

信州ライフキャリア研究所

折山旭プロのご紹介

自分の中の答えに自ら気付き意思決定できるためのサポート(1/3)

折山旭 おりやまあさひ

離職率の低下・社員定着率の向上、そしてリーダー人財の育成

 「人を大切にする組織は多い。しかし、社会情勢的な意味合いからも、ゆとりをもって社員を育てられる環境が潤沢にあるとは言い難いのも事実です。」と話すのは、信州ライフキャリア研究所の折山旭さん。
 県内大手メーカーで人事労務管理を10年ほど経験。労働安全衛生、社員教育、新入社員や中途採用者の受け入れ等に携わりました。その中で、対人支援の専門性を深めていくことの必要性を痛感し、産業カウンセラーの資格を取得。さらに、キャリアコンサルタントの資格(2016年から国家資格)を取得しました。そうした経験を活かして、これからも自分のできることで働く人をサポートしていきたいとの思いから、2011年に信州ライフキャリア研究所を設立。企業でのメンタルヘルスケア支援、教育機関におけるキャリア形成支援、行政における若年者就業支援、各種セミナーや研修の講師などの活動をしています。

 「若い人は、自分の中で大切なにしているモノやコトは意識できるものの、まだまだ経験が浅く、多様な価値観に触れる機会も少ないので、未来に向けた時間軸を持った考え方ができにくいのかもしれません。結論を早急に出してしまうケースが多いのは、企業にとっても本人にとっても残念なことです。それを何とか、手助けできることができればと考えています。」と折山さん。
 がんばれば認められ、給料も上がるといった時代とは違い、がんばっても成果が見えにくく、将来を良いイメージで描きにくい時代です。あらゆる分野でITが全盛となり、製造業も生産拠点が移転したり、また昔に比べて産業構造が大きく変化したりしていることも、要因の一つかもしれません。
 しかし、そんな時代だからこそ、自分と向き合い、これから自分自身がどう働くかを考えて決めることが大切です。答えは自分の中にありますが、自分と向き合うことは、ときに苦しく、よくわからなくなってしまうことも。そんなときは、自分に味方(専門家)を付けていただくことで、自分と向き合いやすくなり、自分の中の答えに自ら気付き、意思決定できるように、サポートしていきたいと折山さんは語ります。

折山旭プロのその他のコンテンツ

Share

折山旭プロのその他のコンテンツ