まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
長野淳子

生きた言葉のプロ

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

コラム

「母のことば」  ~どなたかお身内にご不幸でも?~

暮らしの中で

2014年10月14日 / 2015年7月29日更新

85歳になる私の母は、時々色々な事をやっては、家族をびっくりさせてくれる。
先日も、こんなことがあった。

よく行くデパートの食器売り場でのこと。
顔なじみの店員さんの元気がなく、沈んだ顔をしている。

いつもなら私たち親子をみつけると、「いらっしゃいませ~」 と笑顔で迎えてくれるのに、
その日は、心ここにあらずといった様子で、私たちが来たことに気がついてもいない様子だった。

母 「どうしたのかしら○○さん。今日は元気がないわね」
私 「体の調子でも悪いんじゃないの?」

そんな会話を交わした直後、母はス~っと彼女に近づいて行った。
そして、彼女に向かってこう言った。

「どなたかお身内にご不幸でも?」

彼女はハッと我に返り、やっと母に気がついたようだった。

「大変失礼いたしました」

彼女はそういうと、泣き笑いのような顔になった。
きっと、何か心をふさぐことがあったのだろう。

母は 「お大事に」 とだけ言って、売り場を後にした。
彼女は、いつもより深く頭を下げて、私たちを見送った。

彼女に何があったのかは、知る由もなかったけれど
「どうしたの?大丈夫?」 という思いで、声を掛けることしかできなかったけれど
心をふさぐことが早く解決して、いつもの笑顔が彼女に戻ることを私たちは祈った。


それにしても、母の言動には、まったくびっくりさせられる。

この 「どなたかお身内にご不幸でも」 という言葉は、
我が家の 「流行語大賞」 になりそうだ。



この記事を書いたプロ

長野淳子

長野淳子(ながのじゅんこ)

長野淳子プロのその他のコンテンツ

Share