まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

コラム

症状固定とは(1)

交通事故理論

2016年4月4日

交通事故でそれなりのお怪我がある場合,問題となってくるのが「症状固定」です。

しかし,「症状固定」等という言葉は,多くの方は聞かれたことはなく,交通事故にあって,初めて聞かれる言葉だと思います。

ただ,交通事故の解決では,「症状固定」は非常に大切な概念ですので,何回かに分けて説明したいと思います。

1 「症状固定」の定義~「医学的」に決まるものでなく,「損害賠償」の解決のための決まるもの~

「症状固定」とは,文字通り「症状」(怪我した後の回復過程の状況)が「固定」(変わらない,または,少しは良化する余地はあっても,その良化するスピードがきわめて遅くなった状態)する状態になったことを言います。

つまり,事故後,発生した傷害(怪我)の治療を続けていくと,最初は良くなるスピードが速いですが,ある時期になると,良化する速度は,徐々にゆっくりとなっていきます。さらに,時間が経過してくると,症状が良くなるという方向性が,ほぼなくなって(あるいは,ほとんど横ばい状態になって)しまう時期が来ます。

この「症状」が「固定化」してしまった状態を「症状固定」と言います。

では,「症状固定」は誰が決めるのかということになりますが,それは,争いとなって解決がつかない場合は,最終的には,「裁判所が決める」ことになります(決して加害者(保険会社含む)が決めるものではありません)。

「お医者さん」ではなく,「裁判所」が決めるというのがポイントです。

つまり,事故から1年,あるいは,2,3年経過しても,「まだ治っていない」とか「主治医は,まだ治るから治療を続けると言っている」とか言われる方はいますが,そんなことを言ってしまうと,いつまでも,損害賠償という法的関係が解決せず,不安定な状態が続きます。

そこで,ある程度の期間が経過した時点で(但し,逆にあまり短すぎると,まだ改善の余地があるとみられますので,最低でも事故後6か月は経過しないと,症状固定として「後遺障害」は認定されません),かつ,あまり症状の改善がみられないような状態になった時を「症状固定」した時点と決めるのです。

そして,その上で,「症状固定」した時点における,「後遺障害」の有無と「後遺障害」があるとした場合の「等級」を決めていくのです。

ですので,「症状固定」とは医学的な概念ではなく,交通事故の損害賠償関係の解決のための「基準点」にすぎないと考えてください。

では,何を決するための「基準点」かということになりますが,これは次回に書きます。

================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

笠中晴司

笠中晴司(かさなかせいじ)

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ