マイベストプロ神戸

須田泰司プロのご紹介

さまざまな悩みに対応する環境を持ち、時間をかけて心をケア(2/3)

須田泰司 すだやすし

体調不良に思えることが、心の問題につながっていることも

 「心の悩みが健康問題につながるケースは多々あります。体調不良を訴えて病院の内科を訪れても、身体には異常がないため、問題が解決されず、こちらを訪れる方もいます」

 心の問題は、睡眠障害や食欲不振といった形で現れることがあります。悩みの多くは人間関係のつまずき。「集団に早く溶け込まないといけない」「積極性が足りないので、もっと努力しなければ」といった気持ちが、ストレスとして症状に表面化するそうです。

 「そこで『心地よい睡眠を得るにはどうすればいいか』『ご飯を美味しく感じるためには』といった、生活の基礎部分や五感に焦点をあててアドバイスもしたりします。『自分を変えないといけない』というパワーを上手に使うコツを一緒に考えて自分のペースがわかれば、外への興味や意欲も自然と増しますから」

 須田さんは精神科病院の勤務経験があり、統合失調症などの治療に携ってきました。その際、病院では薬との併用で治療することもあり、相談にはあまり時間を割けていないという印象を持っていたのです。そこで「京口カウンセリングセンター」では、訪れる人との会話を大切にするため、十分に時間をかけるようにしています。

 「残念ながら当所では対応できない場合は、精神科・心療内科を紹介します。提携している森下神経内科診療所の森下院長とは、病院勤務時代に出会い、症状ではなく患者さん自身をしっかり見つめる姿勢に共感しました。私も重い状態に陥った患者さんのケアなどを経験しており、さまざまな精神状態の方にも冷静に対処できるようになりました。また、支える立場の辛さをくみ取り、ご家族の心のケアにも取り組んでいます」

Share

須田泰司プロのコンテンツ